社員ブログ

スナック クロ

投稿者:ブログ管理者 / 投稿日:2014/9/10

営業部のOです。1年振りのブログです。

40を過ぎた私は最近、体のことを考え、
毎晩のビールを平日はビールテイスト飲料(ノンアルコール)に変えました。

これが、最近のノンアルは、なかなか美味しくて充分満足できるんですよ。
いろいろ研究したりしてます。
家の嫁も「ノンアルコールで大丈夫なんだっ!!」と私が酒から抜け出せないと思っていたようで、
よろこびっくりしてました。
お腹の調子もいいんですよ。

それはさて置き、
私のアルコール人生で思い出深い店の一つあります。
それは、旧本社(中目黒)の近くに「スナック クロ」という、
マスターとママとホステスさん(ちょっとシルバー)でやっていた酒場がありました。

看板は「パブ クロ」なんですが
マスターいわく、店名がパブかスナックかどちらかわからなくなったそうです。

先月、当社にて原状復旧工事(テナント退去後に解体撤去して空っぽにする工事)を請負い、
お引渡しを終えました。

閉店間際の店頭には「39年のご愛顧ありがとうございました」と貼紙がしてありました。
(ママいわく、書いた人が間違えて、本当は50年位営業しているそうです。)

このお店は、当社の創業当時からのお付き合いで、皆の「いきつけ」でした。
現在の当社役員も新人の頃、大変お世話になったそうです。
ママに呼び捨てされてましたっ。
当社の創業者(現社長の父)が地下足袋を履いてオートバイで現場を飛び回っていた頃から、
夜になると社員を引き連れ飲み明かしていたそうです。
また近所の若い店主たちと肩を叩き合い、
励ましながら飲み語っていたそうです。

ご近所の憩いの場にもなっていましたが、
場所柄、芸能関係や業界の方々も来店されてまして、
何故か、その時はカラオケを意識して熱唱してましたね(スカウトなんかされないのに)

数年前には、当社の常連達も一緒に玉○筋太郎の「スナッカーズ」というテレビ番組の突撃取材をうけてました。
あとで録画を見ましたが、ママが今までに聞いたことのない余所行きの声を出してました。

そんな当社の歴代社員達を二日酔いにさせて頂いたクロが閉店するということになり、
是非、解体撤去工事を常連だった積水工業でしてほしいと言って頂いたので、
ありがたくお引き受けしました。

また、当社社員やOBを募ってお別れパーティーを貸し切りでさせて頂きました。
みんなで、わきあいあいと最後のノスタルジックな中目黒の夜を賑やかに過ごしました。

そして、またひとつ昭和のお店の灯かりが惜しまれつつ消えていきました。
マスター、ママ 長い間、本当にお疲れさまでした。
みんなのやすらぎをありがとうございました。

パブかスナックかわからなくなった「クロ」よ

フォーエバーーー

阿波おどり

投稿者:ブログ管理者 / 投稿日:2014/8/22

新入社員Oです。
8月2日に第49回中目黒夏祭りに参加させていただきました。

中目黒夏祭りは、今年で49回目とのことで、
長い歴史の中に一役担わせていただいたことをとても嬉しく思います。

中目黒夏祭りは、二日間開催されました。
初日は、阿波おどりが披露され、
二日目は、よさこい踊りが披露されました。

その中で私達は阿波おどりを踊らせていただきました。

週2回の練習と本番前日に猛特訓をした事もあり、
約二万五千人(2日間)の観客の前でも、 緊張しながら踊りきる事が出来ました。

 

来年は50回目の中目黒夏祭りの大きな節目の年となります。
また来年も参加できればと思います。

日本の家電は無茶苦茶すごい

投稿者:ブログ管理者 / 投稿日:2014/5/31

安全品質管理部 K子です。

写真を見てみて下さい。
無茶苦茶レトロな掃除機・トースター・ポットです。

ブランド名は「NATIONAL」っすよ。
皆さん覚えていますか?日本に「ナショナル」があったことを。

友人が所有(ご両親がお持ちかな?)の
リゾートマンション(リゾートという言葉はなかったかも)にあった電化製品です。
このマンションの築年数が43年。
この電化製品も40年以上前の物なのか?
恐る恐る、電源を入れてみた。

掃除機がうなりをあげて、動き出した。
さすが天下のナショナル。
40年以上の年月を経ても、しかも年に数回しか電源を入れてもらえないのに、
文句も言わずにちゃんと動く。

昔のものはいいですね。
なかなか壊れない。
省エネ、省エネと叫ばれる時代。
何でも新しいものがもてはやされる時代。
一番の省エネは、長く使い続けることかなと、改めて感じた週末でした。

友人の一人がポツリと
「掃除機の中に溜まったゴミは捨てなくていいかな?」
「今はそっとしてあげた方がいいよ」と無責任な私の発言。
御免なさい。
反省しています。
何が出てくるか分からない感じがして、思わず怯んでしまいました。

最後に、「NATIONAL」は、「Panasonic」へと成長を遂げました。
成長なのか、後退なのか?
個人的には、「NATIONAL」というブランド名の方が、
やはり創業者の、国の発展に寄与するという強い意思が感じられて好きだな。
皆さん、40年以上使い続けている物はございますか?

星祭に顔を出してきました。

投稿者:ブログ管理者 / 投稿日:2014/5/27

まだまだ新人のFです。
少し前の話ですが、5月初めに久しぶりに星祭に顔を出してきました。
星は観望するものですが、祭りの場合はちょっと違います。
祭担当チームの一員だった過去を持つ私、
ただいま復帰を目指してリハビリ中・・・(体が悪いわけではありません(笑))

秩父に登谷山という山があります。
その山の頂近くに、昔、登谷牧場というものがありまして・・・
その施設の中に、希望者を募って観望用の小屋を建てたのが始まりです。
その施設の村長といわれている人は、上尾の天文同好会の会長さんですが、
GWくらい家族そろって観望をしよう」ということで祭を始めたのです。(かなり簡略化した説明ですが・・・)
基本的に、天体観望をしているまじめな人は一人でのめり込むタイプが多く、家族が置き去りにされていたんですね。
それで祭を始めました。

月日は流れて。
すでに登谷牧場は無くなり、観測所だけが残っています。
それでも何年か前までは、バーベキューやお土産屋などで、一般の方もたくさん参加してくれていたんですが、
今回行ってびっくり。一般の方は何も無い山に登ってこないんですよ。
まあ、小屋が建ってたって、用がなければ何の施設かもわからないですから。
人は来ませんわね。 公衆便所がなくなり、水道もなくなり(山の上ですから、維持が大変なんでしょう)・・・
星をやっている人たちは、基本、水も食料も自分で調達なので不便を感じませんが、
一般の方には致命的ですよね。水もトイレもないのは・・・
なので、本当に仲間内の観望会に変わっていました。チーム祭担当はそのまま祭担当でしたが・・・。
ちなみに、フリーマーケットや野点(お抹茶お菓子付き~)をやっています。

それで、やっぱり水道がないのは不便なんです。洗い物とかありますので。
村長、牧場の方(たぶん管理組合)と交渉されたのか、
あちらのご好意か、ミルクを運ぶ小さなタンクローリーみたいなのに水を入れて、
飲料にしない約束で使用させていただいているみたいでした。
これだけでも、かなり楽です。
水汲みに、山を行ったり来たりはキツイですからね。車で移動したとしても。
トイレは個々の観望所にそれぞれありますので、内輪だけなら何とかなるんです。
もちろん水洗じゃないですけど。

水やトイレって大事よ!というお話でした。

人がこなけりゃ、祭担当、商売あがったり・・・

もちろん私は祭担当ですから、夜になる前に(つまり、星を見ずに(笑))帰ってしまいましたとさ。
→しっかり、野点は堪能してきましたけどね。・・・《次は8月!八ヶ岳》

自己研修

投稿者:ブログ管理者 / 投稿日:2014/5/23

初のブログ投稿です!!
はじめまして、 リニューアル部所属の新入社員のTです。

先日、新入社員研修で5/14~5/15の2日間、大阪・京都へ行ってきました。 (遊びじゃないですヨ)
一日目は大阪にあるダイキン工業様の堺製作所金岡工場と、
同じくダイキン工業様の西日本コンタクトセンターへ見学をさせていただきました。

工場、コンタクトセンターはそれぞれ企業秘密が多く、写真はNGでした;;
見た事、聞いた事を載せるとイロイロ法律に触れそうなので、一言で申しますと・・・
『ダイキン工業90年の歴史で培われた安全・効率化へのノウハウがいっぱい詰まっていました!!』

・・・コレで終わりですと華がないですので、
新大阪駅のホームで見つけました。

ダイキン工業様の本社があるためか、駅構内にダイキン工業製のエアコンを発見しました。
駅構内は涼しかったので、近くにいても恩恵を感じられませんでしたが、
真夏の暑いときは都会のオアシスとなっているのでしょうか?

ダイキン工業様の御厚意で工場入口にて集合写真を撮っていただきました。
仙台支店のTさんは威厳がスゴイです;;

二日目は京都の琵琶湖疎水記念館へ行ってきました。
琵琶湖疎水記念館は京都の蹴上発電所(日本初の水力発電所)がある場所です。
明治の時代に琵琶湖から引いた水の力で京都を興した施設(水路)で、
現在も疎水(水路)は利用されており、勢いよく水が流れていました。
いつか積水工業の目黒区を興した有名企業に・・・(笑)
現地で通りがかったおじいさんにお願いし、全員で記念写真を撮りました。

会社の研修で良い経験をさせて頂き、ありがとうございました。
ダイキン工業さまの支えがあってこそ、私たちの仕事ができていることを忘れずに、
現場での空調機の取り付けを行います。
最後に研修にご協力くださいました、ダイキン工業様、ダイキンHVACソリューション東京の社員様、
ご協力ありがとうございました。

排水溝は灰皿ではありません

投稿者:ブログ管理者 / 投稿日:2014/5/14

本日(5月14日)当社で恒例となっている地域貢献活動の一環で、祐天寺駅前の清掃 活動を9名で実施しました。

写真は、祐天寺駅前の道路脇にある排水溝の写真です。
煙草の吸殻が捨てられていました。
他の場所の排水溝も見てみると、かなりの数の排水溝に写真とおなじような光景をみることができました。
排水溝の底を覗いてみると、かなりのビンテージものの吸殻も含め、大量の吸殻が堆積していました。
駅周辺の排水溝を皆さんも確認してみて下さい。
おそらく、歩き煙草をしながら、駅に 着く前に、慌ててぽいっと、捨ててしまうのでしょう。
煙草を吸うなとはいいません。
但し、人としてマナーは最低限守ってもらいたいものです。
我々も仕事として、排水溝を造っています。
排水溝は建物にとっては、非常に重要な設備の一つです。
我々は排水溝を灰皿にする為に造っているのではありません。
吸殻は本当の灰皿に捨てましょう。

吸殻のポイ捨て禁止の為の対策として一つ提案があります。
駅前の駐輪場によく、年配の方が管理人として立っているケースがございます。
その管理人の方に、ほうきとちり取を持ってもらい、5m程度でも構わないので、
煙草の吸殻を拾ってもらうようにしてみたらどうでしょうか?
特に腰を曲げて苦しそうに拾ってもらえると効果があがるのではないでしょうか?
年をとった方が、わざわざ掃除をしている姿をみて、
それでも吸殻を投げ捨てる人など、この日本にはいないことを心から願いたい。

安全品質管理部 K子

住宅リフォーム 登録制度について

投稿者:ブログ管理者 / 投稿日:2014/5/2

今回は真面目なお話です。
4月30日、国土交通省から、住宅リフォームにおける消費者保護と市場環境の整備に
向けて事業者団体を通じた登録制度を構築すると発表されました。
この制度は、いわゆるリフォーム業における悪質業者の排除に向けて、
以前より検討が 進められてきた課題に対する一つの指針です。
当社が加入している一般社団法人 マンション計画修繕施工協会は、
以前よりマンションの共用部分の改修工事において、
その専門性と適正な施工品質向上に向けた活動を業界 団体として続けて参りました。
その活動趣旨と、今回の国土交通省から発表された登録制度の設立趣旨は合致するもので、
この団体においても、登録申請の準備を進めています。

マンションの管理組合の皆様方にとっても、非常に意義のある登録制度ですので、
今後の動向についても是非、ご注目下さい。

参考までに、国土交通省から発信されている資料を添付いたしますので、ご参照下さい。

「皇居マラソン」を開催しました!

投稿者:ブログ管理者 / 投稿日:2014/4/30

初めまして、新入社員のTです。
4月28日に、自己研修の「皇居マラソン」を開催しました!
みんなそれぞれ個性的な服装でマラソンに参加してくれました(笑)

約5kmという長い距離を全員で、なんとか走りきることができました!
マラソンが終わり、重い足取りで向かったのは稲荷湯という温泉です。
温泉をあがった後は、 リフレッシュできたのかマラソン終わりと比べると、 明らかに体が軽くなりました。
その後、向かったのは「ホルモン屋好ちゃん」です。
学生の頃、地元のホルモン屋で働いていた私にとっては、 何か懐かしさを感じさせる場所でした…

疲れた後の一杯は最高でした!

ちなみに、
私が飲んだのは、オレンジジュースです(笑)
ホルモンも最高においしかったです!
そして帰宅と同時に倒れるように眠りにつきました。

iPad採用始めました。

投稿者:ブログ管理者 / 投稿日:2014/4/23

工事部Mです。
今年度に入り当社でも iPad を採用しました。
今までは、複数の現場図面や書類を持ち歩いて大変な思いをしていました。
それが今では iPad 一つで全てが入ってしまいます。

また、クラウドサービスやネット共有ファイルの活用により、他の社員とのデータ共有がその場でできたり、
事務所のパソコンと同じ資料が見れたりと作業効率が格段に上がりました。
これから更なる活用法を見つけて効率的な仕事をしていきます。

分かっちゃいるけど止められない&人の振り見て我が振り直せ&親の責任

投稿者:ブログ管理者 / 投稿日:2014/2/28

タイの禁煙キャンペーンのCMを見ました。面白いというか、いいCMでした。

内容は、公共の場所で、タバコを吸っている若い人達に、5歳前後の子供が片手に煙草を持って寄っていき、
「火をかしてくれません?」と問いかけるのです。
何人にも声掛けをするのです。
すると、その煙草を吸っている若者達は必ず「煙草は身体に悪いから」「ガンになるから」「苦しむことになるよ」
「子供は絶対に吸っちゃいけない」とか、その子供を諭そうとするのです。
そこで、その子供がある手紙をその若者に渡すのです。
その手紙の内容は、
「今、あなたは私の身体を心配してくれた。今度は自分の身体を心配する番ですよ。」
そして、若者の全員がその手紙を捨てることなく、ちゃんと目を通して、自分のポケット等にしまうのです。
もちろん煙草も消すことになります。
分かっちゃいるけど、止められない大人たち。
子供の純粋な気持ちを大切にする事と自分が子供達の見本にならなければならない事を素直に感じたシーンでした。

セヴァンカリススズキのリオサミットでの「伝説のスピーチ」を思い出しました。
あの スピーチも良かったなあ。

今日たまたま私も、新聞をリビングの床に広げながらヨーグルトを食べていたら(行儀が悪い)、
妻が、「子供たちはパパがそういう行儀の悪いことは絶対にしないと、思っているからね」と言われ、
素直に即刻テーブルに戻りました。

普段から子供たちの箸の持ち方、 食べ方に注文をつけている私。見本にならねば。
子供は親の背中を見て育ちます。子供の為に勉強でも始めるか。
さて何から始めるか?

「Thai Health Promotion Foundation- Smoking Kid」CMの題名です。
http://www.youtube.com/watch?v=4luPqykJTsc
↑是非ご覧ください。

安全品質管理部  K子

18 / 19先頭..10..1819

通話無料! 当社スタッフが丁寧に対応します。まずはお気軽にお問合せください。