社員ブログ

すべてに優先されるもの

投稿者:ブログ担当者 / 投稿日:2018/6/22

当社積水工業51期のスローガンは「安全は全てに優先する」です。

この飴の袋のスローガンも?

しかも積水アクアシステム?積水つながりかなと思いましたが。

当社のスローガンは2013年からずっと掲げているものです。

「安全第一」という安全スローガンを掲げる建設業者さんは非常に多いと思いますが、「全てに優先する」とまで言い切ったスローガンは珍しいのです。

「安全」=「人命」は全てに優先されるものです。工期・コスト・取引関係、様々な経営環境の中でも最優先に考えなければならないものです。

「第一」という言葉は前提条件が変われば、変わってしまうのものです。

 今回の大阪地震によるブロック塀倒壊による死亡事故。何を基準に「安全・大丈夫」と判断したのか?ご遺族の悲しみを思うと、憤りを感じます。

安倍首相が現地を確認にいき、「二度とこのようなことは・・・・」という発言をされていましたが、この言葉が危険なのです。

「二度と」「絶対」「ゼロ災」トラブルやリスクに絶対などということはないのです。なのにトップの人が「二度と・・・」

「絶対に起こさせない」「ゼロ災を目指す」などと言えば、その言葉を忖度して、嘘や欺瞞を繰り返す人達が出てくるのです。

森友問題でも安倍首相が「絶対に有り得ない、そんなことがあったとしたら辞める」等々の発言をしことがきっかけになったのです。

 先ずは原因の徹底究明をして、責任の所在を明確にして、厳罰に処することです。

誰も責任を負わないという風土がトラブルを再生産するのです。今回の倒壊事件においても、有資格者が調査にあたらなかったということがクローズアップされていますが、そこが問題なのでしょうか?

 話をもとに戻しますが、この飴の袋にも「ゼロ災を・・・」てな感じの、気になる危険ワードが書いてありました。

ゼロなんてあり得ないのです。唯一絶対があるとすれば、失われた命は「絶対に」戻ってきません。

だからこそ、安全は第一ではなく、全てに優先されるべきなのです。

安全大会で表彰されました

投稿者:ブログ担当者 / 投稿日:2018/6/15

当社のお客様である野村建設工業様の安全大会で、当社の協力会社の I 様が安全表彰を頂きました。

大変嬉しいことです。長年お付き合いしている仲間がお客様から安全に関して良い評価を頂くということは、我々にとっても
誇らしいことです。
「安全は全てに優先する」「摘み取ろう危険の芽 」の安全スローガンを掲げる当社にとって、一番自慢したいことです。

下の写真でIさんと一緒に写っているのは、当社工事部のN課長です。

この二人のコンビがいいんです。当社で一番お勧めできる名コンビです。
建築現場の仕事はしっかりとした設計図があれば誰でもできるものではありません。
しっかりとした設計、現場施工に即した施工図、しっかりとした職人さん、これらが揃って初めていい仕事が実現できるのです。

I さん、これからも頼みますよ。

ピステ石打研修にて

投稿者:ブログ担当者 / 投稿日:2018/6/13

こんにちは新入社員のMです。

新潟県の越後湯沢町にある会社の保養所「ピステ石打」へ研修旅行に行ってきました。

新入社員3人で事前に下調べをし、三日間のスケジュールを組みました。

一日目は、渓流にて魚釣りをしました!

フィッシングパークは写真のような渓流となっていて、たくさんの魚が泳いでいる姿も確認できました。

写真の釣り人は同じ新入社員のA君です。釣り姿が様になっていますね。

大物ゲットです!サイズがなんと35センチもありました!

写真ではわかりづらいですが、すごく大きくて迫力がありました。

午後は陶芸工房『旭窯』で陶芸体験をしました。

ろくろを使い、くるくると粘土を成形しました。(本当に難しいです…)

二日目は蕎麦打ち体験からスタートです!皆で協力して作った蕎麦はとても美味しかったです。

 

午後はいちご狩りに行きました。新人のT君、いい笑顔です!

最終日は、湯沢高原パノラマパークへ行きました。

山頂は空気がとてもきれいで、リフレッシュできました!

今回の研修で、新人同士の仲も深まり、先輩方との距離も縮まりました。

とても有意義な研修旅行になりました。

富士山最高

投稿者:ブログ担当者 / 投稿日:2018/6/7

この写真はあるリゾート施設から撮った富士山の写真です。

 

眼下に広がるのは山中湖です。雲海によって蓋をされているように見えました。

5時に起きて、バルコニーに出ると前日夕方とは全く違う景色が広がっていました。

このリゾートはお客様のご紹介で泊まらせて頂いた東急ハーヴェストです。山中湖と富士山の組み合わせでは一番の絶景ポイントのようです。

露天風呂からも富士山が一望でき、贅沢な時間を過ごすことができました。標高も1000mを超え、首都圏に比べて非常に涼しいのです。

お客様は夏の暑い季節は金曜日の夜に山中湖別荘に来て、ゴルフをして、お孫さんと遊んで、月曜日の朝一に帰宅するそうです。羨ましい限りです。

いつかこんな生活ができるのかどうか?頑張らねば。

夜に食べた馬刺し(山中湖のスーパーで売っているようです)と「CHIANTI CoMO」というお店のピザとパスタとサラダはなかなかのお味でした。見た目はファミレスのようですが。

これから予想される急激な気候変動(温暖化)に対して、準備を進める時期に来ていると真面目に考えている私でした。

首都が北海道や八ヶ岳に移るかも?今年も猛暑が予想されている東京JAPAN、空調機の更新はお早めに。

「マンション価格はバブル超え?」「バブルは既に来ていますよ」

投稿者:ブログ担当者 / 投稿日:2018/6/4

分譲マンションの販売価格は明らかにバブル時代を超えているという。

日経新聞等の記事にも、現況の首都圏の分譲マンションの平均販売価格は過去最高を記録しているとあった。

記事を鵜呑みにせず、バブル時代から不動産関連ビジネスを手掛ける先輩方にヒアリングした。

バブル時代、文京区小石川周辺の分譲マンションの販売価格はマンション専有面積一坪あたり400万円。現在は450万円を超えるという。青山や神宮前の高級住宅地では600万円を軽く超えているという。横浜の元町近くの高層マンションも坪500万円超えの住戸もあるという。あり得ない話だ。

先輩方は「バブルを二度も味わうことはできないと思ったが、価格的に言ったらバルブを完全に超えてしまった。」と話されていた。私が「私はバブルを経験したことがないのですが、今と前回のバブルは何が違うのですか?全然バブル感が無いのですが?」と質問した。先輩方は「前回は、土地成金、不動産会社、ゼネコン、下請け会社、職人、この業界に関わる人みんなが踊ったよ。」「今踊っているのは大手だけだよ、だから職方さんは貧乏のままだろ?」とおっしゃっていた。

職方さんに聞くと、バブル時代の一日当たりの労務単価は3万円を軽く超えていた。4万、5万円という現場もあったという。現況価格の倍以上の単価だ。

今回のバブルは大手不動産会社と大手ゼネコン、そして建築関連資材・機器メーカーのみを潤している。残念ながら末端の職方さんまで資金は流れていない。

大手企業は国内バブルで得た利益を海外勢との闘いに費やしている。M&Aに資金を投じている会社も多い。国内市場の縮小を見通して海外展開を急いでいる。自分の会社よりもはるかに大きい相手を飲み込もうとする会社もある。国内政府系の会社(日本郵政)が大型買収に踏み切り、何千億という損害を出しているケースもある。以前の住専問題の時の損害をはるかに上回る損害(税金のムダ遣い)が出ているにも関わらず、誰も文句も言わず、誰も責任を取らず仕舞い。

今回のバブルは一体何なのか?誰が儲けているのか?誰が儲けてもいいのだが、バブルは必ず弾ける。それだけは必ず起きる。準備をしなければ。

一般サラリーマンが5千万を超える借金をして高級マンションを買う。金利が安いから?転売すれば儲かるから?儲け話を持ってくる人は、人の欲を触発するような理屈を持っている。話を聞けば、何故か早く買わないと損だ。なんて考えるようになる。

理由があろうがなかろうが、自分が住みたいと思う家を自分が考える適正価格で買う。

あとはタイミングを見極めること。バブル崩壊を経験した人は、「次は絶対に騙されないぞ!」と言っていたものだ。次は既に来ていますよ。気づいていないだけです。

通話無料! 当社スタッフが丁寧に対応します。まずはお気軽にお問合せください。