社員ブログ

TVでパラボラアンテナをみて思うこと

投稿者:ブログ管理者 / 投稿日:2014/11/20

一年たちましたFです。
NHKでパラボラアンテナの不思議みたいな番組を再放送していた。

「物を当てて一点に返ってくる曲線を見つける」みたいなものだ。 この番組には、天文台が登場する。
国立天文台の一つ、長野県の野辺山天文台だ。
ここのものは大きなものから小さなものまであるので、パラボラアンテナの曲線は同じだから比較しているのだ。

野辺山といえば・・野辺山天文台を作った天文学者と友達だった。
過去形なのは、すでにお星様になってしまったから。
素敵なおじさまで、とても気さく。若輩?の私とも、楽しく交流していただいたものだ。
通称は「おじさん」で、いまも星祭ではおじさんの話題が途切れない。

そんなおじさんが、私が朝霧高原という場所で仕事をしていた時期、
「野辺山と朝霧高原とで、天文台どっちに作るか検討したんだよ」と裏話を教えてくれた。

何度か一緒に野辺山にも出かけた(下写真)。
天文台を知り尽くしている人に(すでに引退していたが、やはり顔パス)案内していただいたのだ。「役得」である。
おじさんと約束して、果たしてもらえなかったことが一つある。


「今度一緒に、パラボラアンテナにのぼろうね」
だ。

野辺山天文台は電波天文台。宇宙から来る電波の観測を行なうものだ。
望遠鏡をのぞいて星を見るという天文台ではない。あるのはパラボラアンテナとその制御施設などである。
野辺山が有名なのは、単独で観測する一番大きなものが直径46mあるからだ。
大きなものを初めて作ったという事もあるけれど。

ただし現在の主流は、小さなパラボラアンテナを等間隔に長い距離置いて観測する。
その距離がパラボラアンテナの直径に値するらしい。
野辺山にも、写真のように、中くらいや小さいものが、
移動用線路と共にたくさん設置されている。
日本は規模が小さいけれど・・・


上の写真は、海外の施設 広大な原野にパラボラを等間隔に広げて使用する

「おじさん、46mパラボラ一度のぼりたかったなぁ~。
だけど、約束していたときは知らなかったけど、
私は高所恐怖症のようなので、それでよかったと今は思う・・・(苦笑)」

上の写真は海外の山の中にある施設。大きさは世界一。

今年の夏の星祭、参加できませんでした。来年こそは参加するぞと心に誓った夏。(何回目?)

電気代がただっていうこと?

投稿者:ブログ管理者 / 投稿日:2014/11/20

この写真は、栃木県にあった第三セクターの温泉施設の駐車場にあった電気自動車用の急速充電設備です。
その脇にあった、説明文を見てびっくり、「2.利用料金:無料(当分の間)」と書かれていました。

その上、24時間営業。ガソリンを無料で配っていたら、そのGSの周辺は大渋滞ですよね。
しかし、充電をしている人は「ゼロ」。
どうなっているの?何故、無料なの?
しかも「当分の間」というフレーズ、面白くありませんか?

この看板を作成した人は、不思議に思わなかったのか?
「当分の間」という表現自体も、曖昧かつ、意味が分からない。
お役○らしい、表現だと感じました。

電気自動車を買おうかなと思った瞬間でもありました。 と思っていたら、
本日、トヨタが12月15日に燃料電池自動車を販売すると発表。

さすが世界No1の自動車メーカー。チャレンジ精神もNo1。
水素を3分充填すれば、650kmも走るそうです。
しかも排気ガスはなし、水がでてくるだけ。 究極のエコカー。
燃料もすべて国産でいける。凄くないですか?
ガソリンが要らなくなる?
中東紛争(この言葉も古いですが)も無くなるかも?
日本の技術は凄いっす。

それに比べ、我々の業界で扱っている鉄管、塩ビ管は30年以上も何の変化もなし。
良いのか?悪いのか?楽なのか?
成長と変化は同類語。成長するから人も集まる。
建設業の伸び悩みの原因は、技術革新を阻む風土にあるのか?
年十年経っても、コンクリートミキサー車で、建物造っていたら、いかんですよ。技術革新が必要です。

富士教育訓練センター

投稿者:ブログ管理者 / 投稿日:2014/11/12

おはようございます!!
初ブログ掲載するサービス部Sです。

私達は10月19日~11月1日 の約2週間、
富士教育訓練センターに研修に行って来ました。
現地に到着して研修生がまず初めに感じた事は、、、

刑務所の監獄生活!?

と思ったに違いないなと私は感じていました。

と言うのも私は約8年前に一ヵ月間の富士研修の経験が有り、
当時社会人として新人であった私が思ったからです。

案の定、、、

『刑務所じゃん!!』

との声が聞こえ 、思わず笑ってしまいました。

生活リズムとしては毎日8時~22時まで授業があり、23時消灯というものでした。
過密なスケジュールではありましたが、学生生活から大分離れていた私には逆に新鮮さを感じていました。
研修が進んでいくにつれて仲間意識が芽生え、
お互い分からない事を教え合える仲にもなれ非常に充実した日を送る事が出来ました。

写真は、朝早くに起きて、ダイヤモンド富士に遭遇した時の写真です。
一瞬にして辺りが明るくなるという体験をしました。
最後に全員怪我も無く2週間乗り越えられる事が出来て本当に良かったと思っています。




通話無料! 当社スタッフが丁寧に対応します。まずはお気軽にお問合せください。