社員ブログ

企業選びのポイントは、安定性と業界順位?

投稿者:ブログ担当者 / 投稿日:2019/4/9

日経新聞とマイナビが共同で2020年新卒予定者にアンケートを実施した。

『会社選び 安定志向さらに 将来性の関心高まる
企業選択理由は18項目から2つ回答してもらう。2000年卒、10年卒、20年卒の学生が選んだ文理上位30社について、企業選択理由の上位5項目を振り返る。(中略)
20年卒学生では、文理ともに1位「安定している」(文系18.9%、理系21.5%)、2位「業界上位である」(文系18.4%、理系19.2%)だった。00年に1位だった「やりたい仕事ができそう」「技術力が高い」はそれぞれ下降、学生の安定志向はさらに高まっていることが分かる。(以下略)』
<引用元:日本経済新聞 2019年4月9日発行>

企業をどんな理由で選ぶのか?その選択理由に若干の疑問が?
文系・理系共に1位が「安定性」、2位が「業界上位である点」だそうです。
様々な環境の変化(政治・経済・環境等)を経験し、より安定した生活を求める傾向が出ているのかもしれない。
アメリカや中国の学生の選択理由も研究したくなります。
日本の学生さんはバブル崩壊後の経済史を多少でも勉強しているのでしょうか?
変化の激しい世界経済の中で、現時点における業界順位や安定性がいかにあてにならないものか?歴史が示していると思います。
日本の携帯電話メーカーの変遷、大企業の倒産もしくは不正・粉飾等による実質破綻、先端分野における過激な価格競争、なくなりかけている業界、多国籍企業による日本企業の買収等、その変化の中で、日本経済は国の借金を増やし続けながら生き長らえている。
これを安定と言えるのかどうか?
将来ある若い人材が安定とか順位とかを一番気にする時代。
他の民間調査会社が実施したアンケートによると、学生の49%が公務員になりたいという結果も出ている。(国家公務員と地方公務員の両方を合わせた数字)
公務員を選ぶ理由も、先ほどの「安定性」です。
公務員を目指す人が半分という国の先行きはどうなるのか?
社会共産主義化ともいえる動向だと感じます。
今、政府が目指している政策にこの傾向がはっきりと出ています。
「自由化・競争・グローバル化・チャンスの提供」私達世代で流行った言葉がなんとなく忘れ去られていくような。
すごく心配しています。
変化こそ成長の源泉。安定を求めて日本の将来はどうなるのか?
真剣に考える必要があると痛感した記事でした。

目黒の桜

投稿者:ブログ担当者 / 投稿日:2019/4/2

総務部Mです。

毎年恒例の目黒川の桜です。

残念ながら撮影日が曇り空の為綺麗に写っていません・・・・。

  

開花してから寒い日が続いているため、お花のもちは良いようです。

今週末までは楽しめるかもしれません。

平日でもすごい人ですので、観桜される方は気を付けてください。

積水工業が東京No1企業に!!

投稿者:ブログ担当者 / 投稿日:2019/3/29

「一体なんのNo1か?」と思われるでしょう。

健康診断受診率No1企業になったのです。

全国健康保険協会 東京支部発行の健康企業レポートにて、東京都内の事業所(従業員30名以上)13,241社の内、健康診断受診率No1企業だということが分かりました。

受診率はなんと100%です。100点満点です。全体平均でも51%しかないなか、当社は100%です。1位は嬉しいですね。喫煙率についても同業種の中では、229事業所中17位と非常に低いのです。

当社では「安全は全てに優先する」「健康経営」の二大スローガンを掲げています。

健全な会社は健全な社員から成ると私は信じています。

社員の心と体の健康を維持向上させる為には、

一つ、現状把握(健康診断等)

一つ、適切な保健指導及びサポート

一つ、適切な労働時間と休日取得の管理

一つ、いい仲間を増やすこと(社員・協力会社メンバー)

一つ、いいお客様を増やすこと

モチベーションを向上させる為には、いい仕事ができる環境をつくることだと信じています。

いい担当者、いい仲間、いい職人、そしていいお客様が揃えば、必ずいい仕事ができるはずです。

いい仕事ができれば、お客様は喜んでくれます。その過程で担当者のやる気は上がっていくものだと信じています。

健康診断を受診すれば、直ぐに健康になる訳ではありませんが、現状の把握ができなければ、原因の追究や対応策を考えることもできません。

今回のNo1は本当の意味での健康企業の第一歩だと思っています。

 

第2回はじめ会

投稿者:ブログ担当者 / 投稿日:2019/3/8

仙台支店のKです、仙台支店では今年から月に1度懇親会を行う事にしました。

毎月1日に行う事と、懇親会リーダーの名前にちなんで「はじめ会」という名前が

つきました。

店選びは懇親会のリーダーYさん、そして1月から仙台支店へ異動してきた

期待のニューフェイス!Fくんの二人がこだわり抜いて選んでくれます。

本日のお店は、仙台駅東口の方にある炭火焼肉&Bar 龍&Ryuさん!

噂では、楽天の選手や監督がよく来る店だそうです。

それでは、お料理の方に行ってみましょう。

まずは、はじめ会リーダーYさんの開会宣言で乾杯!

仙台名物の厚切り牛タン!(結局噛み切れなくてはさみで小さくして食べました笑)

はじめ会リーダーYさんは焼肉奉行でもあります。

勝手に焼いたりすると怒られます(笑)

あちらの席も楽しそうです!

Yさんの締めの挨拶が終り、みんなで集合写真撮影。

次回の「はじめ会」を楽しみに、仕事を頑張りたいと思います。

おわり

今年も行ってきました、裏スノーボード部2019

投稿者:ブログ担当者 / 投稿日:2019/2/25

今年はメンバーを増強して行って参りました。いつものメンバーに加え、

二十数年ぶりにスノボ復活したO田さん(48歳)。

それに初めて協力会社から参加のタマチャン(47歳)。

場所は石打の保養所から車で5分程の舞子スノーリゾートです。

スタートは本社に530分集合。車は私の中古オデッセイ(4WD)、5人乗りで臨みました。

運転手は私のみ。行き帰りで、約6時間のワンマン長時間運転。

正直疲れました…50中年にはちょいきつい。

いつもの3人のメンバーは直ぐに滑れるかと思いきや、2人は全くの素人に逆戻り。

二十数年ぶりのO田さんは、2日目に大転倒して、肋骨にひびが入ったと大騒ぎ。

タマチャンは全くの素人かと思いましたが、スキー経験があり、徐々に滑れるようになりました。

問題なのは鹿児島出身の4元君。ヘッピリ腰で、全く進まず。

七転び八起きでは済まず、何度も何度も転げまわっていました。

夜は当然肉です。食べ過ぎて財布の中身はスッカラカン。

保養所に戻り、二次会に勤しみ、こちらも飲み過ぎ記憶なし。

朝は5時起床で、第2ラウンドに臨む。

元気なおじさん達でした(4元君は30代ですが)。来年も行くぞ!

但し、皆さんもう少し陸トレを積んできて下さい。

 

 

「悪質コンサル横行」・マンション積立金を食い物に!?

投稿者:ブログ担当者 / 投稿日:2019/1/31

ここ数年、分譲マンション修繕工事にまつわる不正が取りざたされている。
昨年12月に発行された新聞では次のように報道されておりました。

『悪質コンサル横行 業者と結託、修繕が割高に
マンションの劣化を防ぐ大規模修繕の積立金が悪質な設計コンサルティング会社に狙われている。工事会社に談合まがいの行為を促し、割高で受注した業者からバックマージンを得る。住民側に立つべき会社が管理組合の資産を食い物にしているのだ。悪質コンサルの横行はマンションの資産価値低下を招く。』
<引用元:日本経済新聞 2018年12月1日発行>

簡単に言うと、管理組合側のオブザーバーとして関わるいわゆる設計コンサル会社が、実は施工業者と結託して談合を誘発させ、不正入札を実施し、業者からバックマージンを受け取っている。
その不正入札の結果、管理組合に不利益が生じているので、何とか改善しなければならないという話です。
まるで全ての工事で不正が起きているように新聞には書かれています。

設計コンサルタント側も「マンション改修設計コンサルタント協会」や「クリーンコンサルタント連合会」等をつくり、業界の負のイメージを払拭しようと試みている。
(※クリーンコンサルタントって何でしょうか?何に対してのクリーンなのでしょうか?)

マンション管理士の方もこれらのコンサル会社と同じようなことをやっておられる方々が結構います。

何でこんな噂話のようなことが起きるのでしょうか?
私は分譲マンションの管理や修繕に関わる業務を行っている人(もしくは会社)が適正な利益を確保することができていない。
これが一番の原因だと思います。
どんなにいい仕組みを用意しても、協会や連合会でいくら厳しい倫理規定や行動規範を制定したとしても、誰かが裏を潜り抜けて、「適正取引」「クリーン」を掲げつつ、お金儲けに勤しむことでしょう。

「クリーン」・「公平公正」・「平等」これらの言葉は組合運営されている方々にとっては非常に耳障りのいい言葉です。
これらの言葉に代表されるような仕組みや方式で工事を発注することが、本当に建物の資産価値維持もしくは向上につながっているのでしょうか?
私はそうは思いません。

では何がいいの?どうすればいいの?となりますが、これらを考え決定するのは、組合側のみなさんです。
私は一人の建築関連会社の代表として、一人の管理士として、少しでも情報提供を行っていきたいと思います。
私は単純に「連合」という言葉に違和感を覚える人間ですし、クリーンと言われると逆にブラックなんじゃない?なんて思う天邪鬼です。

またこのネタについては、随時書かせてもらいます。

フルハーネス着用特別教育受講

投稿者:ブログ担当者 / 投稿日:2019/1/22

平成31年2月1日よりフルハーネス着用は特別教育受講者でなければ着用できなくなります。

それに伴い、1月20日に本社で社員26名、協力会社員19名が参加し、座学とフルハーネスを着用しての特別教育を行いました。

日曜日にも関わらず沢山の方が参加し、朝9時から講義5時間、実技1時間半の本格的な講習を行いました。

技能講習では終了後試験があるので、眠りながらも講師がここはマーキングしてというと手が動きます。今回は特別教育にも関わらず、講師の長年の経験による知識と話術により居眠りしていた人がいませんでした。

さすがSEKISUI。「墜落と落下の違いわかりますか?」恥ずかしながら考えたことありませんでした。

現場でも、徐々にフルハーネスの着用が必須になる傾向ですので、その一歩です。

自分は足場より脚立の使用が多いので、飲みすぎに注意し踏み外さないよう注意しなくては!

板橋事務卓球大会

投稿者:ブログ担当者 / 投稿日:2018/12/25

工事部Tです。

少し前ですが…秋頃、積水工業板橋事務所のメンバーを中心に

懇親会として卓球大会が行われました。

学生時代に卓球部だったという理由で主催者として抜擢されました。

近くに卓球場がないか探し、板橋事務所の近所のラウンドワンスタジアムから卓球台をお借りしての卓球大会となりました。

午後18時30分、板橋事務所のメンバーを中心に有志達10名が集い、卓球大会開幕です。

 

業務として現場で流す汗と違い、スポーツやレジャーとして流す汗はどこか心地よく、楽しくプレーすることが出来ました。

トーナメント終了後、参加者同士で一通りゲームをしたあとは、会場近くの焼肉屋で打ち上げが行われました。

そこの肉はなんとA5ランク!!とっても美味しい肉でした。

卓球大会での表彰式も行われ、優勝者のOさんには金一封も授与されました。

優勝賞品、及び卓球場の使用料や打ち上げ費用で多大な御寄付を頂きました社長、本当にありがとうございました。

そんなこんなで楽しく始まった卓球大会は、白熱した試合を得て楽しく閉幕となりました。参会者のみなさん、お疲れさまでした。

STC研修を実施しました!!

投稿者:ブログ担当者 / 投稿日:2018/12/17

12月7日(金)13:30から、横浜支店のSTCで配管実習を行いました。
今回は機械工具を使用し、配管技能士3級の課題をアレンジしたものを作成します。
(本来、配管技能士では機械工具は使用しませんが、今回は工具使用も含めての研修としました。)
  

機械工具についての注意事項、使用方法など、アサダ株式会社 釼持 様にご協力をいただきました。
 

まずは会議室で注意事項等を聞いてから、実習場に移ります。

並行してサービス課が、配管技能士1級実地課題にチャレンジ中です。
 

必要な材料の確認、配管の必要長さの確認をします。
 

配管を切断するための機械工具の説明を受け、実際に体験します。
  

次は配管切断面の処理と、ねじ切りです。こちらも説明を受けてから体験します。
 

研修には女性も参加していますよ。
 

材料の加工も終わり、組み立てです。

やはりここにも、頼れるアニキがいますね。アニキの順番待ち…(笑)

組み立ての模様です。

組み立てが完了した人から、通水をしていきます。

トップ通過のM川君です。

今回3級課題にチャレンジしたのは6組。
内、1名漏水してしまいました。接着不良です。

1名以外は、無事に完了しました!!

並行していた1級課題チャレンジのサービス課の模様です。
こちらは切断もねじ切りも全て手作業です。

一人ずつ作成予定でしたが、複雑な立体組立に悪戦苦闘。途中から完成を目標に、全員で協力して作成していました。
途中から完成を目標に、全員で協力して作成していました。

完成品

サービス課の楽しいサービス、M本さんの記念撮影です。

サービス課ではこの作品をもとに、一人で完成させられるよう自己研鑽を重ねていくそうです。

今後も配管研修を継続していく予定です。
ご協力いただいたみなさま、ありがとうございました。
これからもよろしくお願いいたします。

安全品質管理部 F

11/25目黒シティラン

投稿者:ブログ担当者 / 投稿日:2018/11/30

総務部Mです。

 今年も目黒シティランのお手伝いに参加してきました。

今年も3,000名の参加があったそうです。

   

 

5キロ地点の給水所です。今年は気温が高かったせいか、いつもより給水をとるランナーが多くて、大忙しでした。

 ものすごい勢いで走ってきて、並んでる紙コップを一気になぎ倒していく人もいました・・・トホホ

  

 それでも『ありがとう』と言って下さる方もたくさんいらっしゃるので、毎回楽しんで手伝わせていただいています。

 

1 / 1912..10..最後

通話無料! 当社スタッフが丁寧に対応します。まずはお気軽にお問合せください。