マンションリニューアル工事

マンションリニューアル工事

マンションにおける配管改修工事を行います。給水管・排水管などの設備は毎日の暮らしに欠かせないライフラインでありながら、劣化状態を確認しづらい場所です。安心して暮らすために、将来を見据えた計画的なリニューアル(改修工事)は不可欠になります。

創業以来、マンション新築工事で培ってきた経験を活かし、内視鏡による劣化診断から改修計画、施工まで行っております。
また、当社では24時間365日修理受付を行っておりますので、工事期間中だけでなくお引渡し後の緊急トラブル時にも対応します。
マンション設備についてのお悩みは、積水工業にご相談ください。

工事の方法「更新工事」「更生工事」

給水管・排水管の改修工事は大きく分けて2つあります。「更新工事」「更生工事」です。
どちらを選択するかは、配管の使用年数や劣化状態、予算、施工期間などにより異なります。
「更新工事」と「更生工事」のおおまかな特徴についてご説明します。

工 法 更新工事(配管の取り替え) 更生工事(配管の修復)
概 要 既存配管を撤去し、新しい配管に取り替える。配管の取り替え工事。 既存配管の内面の汚れや錆を取り除き、樹脂でコーティングすることで劣化部分を修復する工事。
耐用年数 30年以上 10年
メリット 耐用年数が長い 短期間で施工できる
比較的費用が安い
工事騒音が少ない
デメリット 工事日数がかかる
更生工事より費用がかかる
建物の構造によっては、配管が露出することがある
更生工事より工事騒音、振動がある
耐用年数が短く、いずれ更新工事が必要になる
(寿命10年程度)
老朽化が進んだ配管には対応できない
【施工例】増圧ポンプの設置
設置前 設置後
【施工例】受水槽の撤去(増圧直結方式に変更)
撤去前
加圧給水方式のためポンプ室と受水槽があります
撤去後
撤去後に有効なスペースができました
給水方式の種類と違い
給水方式 加圧給水方式 受水槽+高架水槽方式 増圧直結方式(高架水槽併用) 増圧直結方式
給水の仕組み
概 要 水道本管からの水を受水槽に貯め、加圧ポンプで各部屋に供給する方式 水道本管からの水を受水槽に貯め、揚水ポンプで屋上の高架水槽に送り、高架水槽から重力を利用して各部屋に供給する方式 水道本管からの水を増圧ポンプで屋上の高架水槽へ送り、高架水槽から重力を利用して各部屋に直接給水する方式 水道本管からの水を増圧ポンプで各部屋に直接給水する方式
メンテナンス
水槽1つ、定期的な点検・清掃が必要

水槽2つ、定期的な点検・清掃が必要

水槽1つ、定期的な点検・清掃が必要

水槽がないため不用
備 え
停電時は断水、受水槽に緊急災害用採水口があれば貯水分は使用可能

停電時でも高架水槽にある水のみ使用可能

停電時でも高架水槽にある水のみ使用可能

停電時は水道本管圧力での供給のため、低層階の使用は可能
メリット ①受水槽に緊急災害採水口があれば貯水分は使用可能
②どの階でも均等な水圧で水を供給可能(減圧弁使用)
①停電時や断水時でも高架水槽貯水分は供給可能
②受水槽に緊急災害採水口があれば貯水分は使用可能
①受水槽のスペース不用で駐輪場など他の用途に活用できる
②災害時に高架水槽貯水分は使用可能
①新鮮な水を給水可能
②高架水槽・受水槽の設置スペース不用で駐輪場など他の用途に活用できる
③点検・清掃不用で維持費が安価
④どの階でも均等な水圧を供給可能
デメリット ①受水槽の維持管理費がかかる
②加圧ポンプの保守点検などのメンテナンスが必要
①受水槽・高架水槽の維持管理費がかかる
②上層階では、低層階と比較して水圧が低くなる
①高架水槽の維持管理費がかかる
②上層階では、低層階と比較して水圧が低くなる
①停電時に中・高層階に給水できない
②停電時に利用できる水の確保ができない
③増圧ポンプの保守点検などメンテナンスが必要

通話無料! 当社スタッフが丁寧に対応します。まずはお気軽にお問合せください。