排水設備改修工事

積水工業の排水設備改修工事

排水設備改修工事

排水設備においても給水設備同様、20年~30年を超えて使用した場合、経年劣化等により水の流れが悪い・水漏れ・悪臭がするなどのトラブルが発生します。排水管の更新工事(取り替え)・更生工事(修復)が必要になってきます。

【施工例】

更新前(鋼管)更新前(鋼管) 更新後(樹脂管)更新後(樹脂管)

排水用に使われる管材の特徴

商品名 硬質ポリ塩化ビニル管 建築排水用硬質塩化ビニルライニング鋼管 耐火二層管 建物用耐火性硬質ポリ塩化ビニル管
写真 硬質ポリ塩化ビニル管 建築排水用硬質塩化ビニルライニング鋼管 耐火二層管 建物用耐火性硬質ポリ塩化ビニル管
規格 JIS K 6741 WSP042
(日本水道鋼管協会規格)
メーカー規格 メーカー規格
長さ 4m 5.5m 2m 4m
サイズ
40~600(15サイズ)

40~200(8サイズ)

40~150(7サイズ)

40~125(6サイズ)
単位重量
(100φ)

1.74Kg/m

8.81kg/m

6.8kg/m

3.44Kg/m
許容圧力 無圧 無圧 無圧 無圧
許容温度
60℃以下

60℃以下

60℃以下

60℃以下
スライムの
付着

付着しずらく、
スライムは剥がれ易い

付着しずらく、
スライムは剥がれ易い

付着しずらく、
スライムは剥がれ易い

付着しずらく、
スライムは剥がれ易い
内面祖度
0.010

0.010

0.010

0.010
防火区画
貫通

防火区画貫通処理別途検討要

消防予第344号通知により貫通可

国土交通大臣認定消防評定品

国土交通大臣認定消防評定品
遮音性
別途遮音対策要

耐火二層管とほぼ同等

DVLPとほぼ同等

耐火VPパイプSはDVLP、
耐火二層管と同等
防露性能
保温が必要

保温が必要

条件によっては保温が必要

条件によっては保温が必要
耐食性
樹脂性であり、腐食の心配なし

管端防食に注意が必要

樹脂性であり、腐食の心配なし

樹脂性であり、腐食の心配なし
接続方法
接着接合

メカニカル式接合

接着接合

接着接合
配管工費
(100φ)

0.2(人/m)

0.306(人/m)

0.318(人/m)

0.245(人/m)
配管作業性
軽量で塩ビ接着接合で
容易に施工できる。

メカニカルで施工は容易である
締め付けトルクに注意が必要

外層の目地処理が必要
外層の破損に注意が必要

軽量で塩ビ接着接合で
容易に施工できる。
伸縮処理
一定の箇所に伸縮継手は設置する。

伸縮処理不要

一定の箇所に伸縮継手は設置する。

一定の箇所に伸縮継手は設置する。

通話無料! 当社スタッフが丁寧に対応します。まずはお気軽にお問合せください。