よくある質問

よくある質問

劣化診断にはどんな調査方法がありますか?
目視のほか、内視鏡調査、抜管調査などがあります。
診断結果を基に適切な工事方法をご提案させていただきます。
給水管・排水管の一般的な耐用年数は何年になりますか?
材質、竣工時期、ご使用状態にもよりますが、およそ20年です。
(下記「マンションの修繕サイクル表」参照)
給水管が劣化するとどんな症状がでますか?
劣化が進行すると漏水をはじめとする様々な問題が生じます。
水が臭う、赤水が出る、水の出が悪いなどの兆候が現れます。
排水管が劣化するとどんな症状がでますか?
劣化が進行すると漏水をはじめとする様々な問題が生じます。
水の流れが悪い、異音がするなどの兆候が現れます。
給水管・排水管の改修工事にはどんなものがありますか?
更新工事(新規配管に取替え)、更生工事(既存配管の修復)があります。
現状の劣化状況により適切な工事方法をご提案します。
更新工事と更生工事の違いを教えて下さい。
更新工事は、既存配管を撤去(または残置)し、新しい配管を設置します。
更生工事に比べ工事費用が高く、工事期間が長くなりますが、耐用年数は30年となります。
更生工事は、既存配管内面を研磨し、コーティングします。更新工事に比べ、工事費用も安く、工事期間が短くなりますが、耐用年数は10年となります。
受水槽の一般的な耐用年数は何年になりますか?
材質、設置状況にもよりますが、25~30年です。水槽の定期的な点検・清掃も必要になります。
(下記「マンションの修繕サイクル表」参照)
高架水槽の一般的な耐用年数は何年になりますか?
受水槽に準じます。水槽の定期的な点検・清掃も必要になります。
(下記「マンションの修繕サイクル表」参照)
給排水設備の改修工事以外にどんな工事ができますか?
当社では、水まわり・空調換気設備のメンテナンス・リフォーム業務もおこなっております。
専有部分で気になる箇所がございましたらお問合せ下さい。お問合せページ
引渡し後の修理対応などしてもらえますか?
当社では24時間修理受付を行っております。工事期間中はもちろん、お引渡し後のトラブル時にもすぐに駆けつけることができます。24時間修理サポートページ

マンションの修繕リサイクル

種 別 部 位 仕 様 周 期
給水設備 給水管 築1975年以前 20年
    築1976~95年 25年
    築1996年 30年
  受水槽 FRP製 25年
  高架水槽 FRP製 25年
  給水ポンプ   16年
排水設備 排水管 築1995年以前 20年
    築1996年以降 30年

通話無料! 当社スタッフが丁寧に対応します。まずはお気軽にお問合せください。