社員ブログ

ヴィンテージマンション in ベルリン

投稿者:ブログ担当者 / 投稿日:2018/8/29

般社団法人 マンション計画修繕施工協会(通称:MKS)の担当理事として、ヴィンテージマンションプロジェクトの海外視察に参加しています。

添付写真はベルリン市内のヴィンテージマンションとヴィンテージ級の百貨店です。

クリーム系の配色をしたマンションの中庭からの写真と表通りから正面の写真です。

赤色系の屋根の大きなビルはヨーロッパでも有数の百貨店です。

両方に共通しているのは、築年数が100年近く経っていること。100年ですよ。

何が凄いって、いまでも使用しているし、価値は向上しているという点。

このヴィンテージマンションは区分所有建物で価格が一坪当たり600万を超えているそうです。

20坪の3LDKマンションが軽く1億を超えます。百年以上経った建物がです。

私が一番びっくりしたのは、百年以上経ったマンションなのに、設備配管類の露出がないこと。

通常マンション改修工事では、配管類を一部露出しなければ、配管更新ができないというのが当たり前の話。

どうやって配管類を更新しているのか?パイプシャフトの位置は絶対に変えないことも理由です。

確認すると、建築基準法のような規制で、配管類を表等に露出してはいけないことになっているようです。

外観上の規制が日本よりもはるかに厳しいようです。換気設備に関しても日本よりも非常に緩い。管理規約等で窓の開閉回数等も規制していると聞きました。あと建物と建物の隙間が無いことにもビックリします。これも法律で規制しているようです。

ちなみにこのヴィンテージマンションは日本で言えば、銀座のような街に建っていて、このマンションには数多くの有名ブランドがテナントして入居していました。

街全体のブランドイメージをしっかりと守ることにより、人と投資を集める。投資する価値があるからリニューアルできる。

だからこそ、100年以上経過しても劣化しない、且つ価値が向上する。ヨーロッパの建物に対する価値観は日本とは明らかに違います。建物は観光資源ではあるが、アートだという認識が強い。使わないと意味がない。

但し、建物寿命が長い大きな理由は、地震が全くないことだと思いました。数百年単位で地震がないそうです。

そして、防災上の規制が明らかに日本よりも緩い。だからデザイン上、凝ったプランが計画できる。

最後になりますが、この写真を見て何か思い出しませんか?

ジェイソンボーンシリーズの映画をご覧下さい。ジェイソンボーンが核兵器密売の悪い奴らから逃げ回った街もこの街です。屋上から屋上へと逃げていたでしょう。屋上から屋上に飛べるのは建築基準法のおかげだったのです。()

このシリーズはまた投稿させて頂きます。

 映画好きな僕inベルリンでした。

 

 

店舗新装工事

投稿者:ブログ担当者 / 投稿日:2018/8/29

設計積算部 OWです。

先日、店舗新装工事の竣工検査に行ってきました。

この物件は配管工事が別工事でしたので、機器の搬入据付が主な仕事でした。

写真は2槽式洗濯機と乾燥機、及び電気温水器です。

この電気温水器の下には鉄骨架台を設置してあります。

電気温水器及び周囲の配管・器具の支持をとるために寸法を考え、図面を描きました。

製作に時間が掛かりましたが、仕上がりが図面通りってうれしいですね♪

(当たり前なんですが・・・)

 

この電気温水器の系統には、循環ポンプ取付や膨張タンクを取付けています。

当社工事ではなかったですが、電気温水器の後ろにポンプはうっすらと見えていますかね?!

鉄骨架台は重いし、設置場所は必要最小限のスペースで狭かったため、作業して頂いたサービス部F課長・Mさん・Sさん・Fさんは大変だったと思います。

見た時には素敵に出来上がっていました!!ありがとうございました。

2018年阿波踊り

投稿者:ブログ担当者 / 投稿日:2018/8/7

84日(土)、毎年恒例の中目黒夏祭りのメインイベントである阿波踊りに目黒法人会

の連として参加させて頂きました。総勢14名の参加。

 

私も3回目の参加となりましたが、疲れ果てました。30℃超える猛暑の中、2時間以上

踊り続ける過酷なイベント。でもやっぱり楽しい。

 

同じ阿保なら踊らにゃ損、損。正にその通りです。

やってみなきゃ、分かりません。ただ30℃超えはちょっと辛い。

熱中症で運ばれる人も出てくるのではないか?

今年の夏は、エアコンがよく売れました。特にご自宅のペットの為というお客様が数多くいました。

一人暮らしでペットを飼われている方にとっては大問題。

日中出ている時でもエアコンはつけっぱなしが当たり前だそうです。

犬・猫は暑さには弱いようです。何十万もするハウジングエアコンを猫の為にと躊躇なく交換されるオーナー様が何人かいました。

温暖化は人にとっても動物にとっても大問題なのでしょうね。

 

新築マンション社内検査

投稿者:ブログ担当者 / 投稿日:2018/8/3

設計積算部OWです。

今年3月に紹介した板橋区の物件がもうじき竣工ということで

社内検査に同行してきました。

何もなかった土地にはおしゃれなマンションが建っています。

設備機器も設置完了です。

カーテンレールに四角い機能部が見えているのですが、わかりますでしょうか。

ここの建物はスマートスピーカーが取り付けてあり、音声操作での照明のON・OFF、カーテンの開閉、エアコンのON・OFF等が可能な最新機能付きです。弊社検査員たちも最新機能に興味津々でしたが、設備検査後に取付けの工程だったので試せませんでした・・・残念です。

ワンルームという限られた空間に設備を凝縮したので、エアコンや給湯器など多少設置条件が厳しい部分もありましたが、設計さん・建築さん他と調整してもらい無事完成です。

担当のOくんお疲れ様でした。そしてありがとうございました

いよいよ阿波踊りの季節がやってきました

投稿者:ブログ担当者 / 投稿日:2018/8/1

「第53回中目黒夏まつり」が8月4日・5日㈯催されます。

土曜日の阿波踊りには、積水工業の仲間も目黒法人会の連で登場致します。

10年近くになると思いますが、年々暑くなってきていると感じます。

2時間も踊れば2㎏は痩せます。 

汗でビショヌレになりますが、酒が飲めないのです。踊っている間は。

私も中目黒で50年前に生またのですが、昔はこんなに盛り上がっていなかったような気がします。単なる祭りだったような。

やはり平成15年に目黒区役所が中央町から中目黒に移転したあたりから、変わってきたような気がします。

よさこい踊り(ソーランか?)が加わったことも大きいかもしれません。

中目黒人気の上昇に伴って、観客の数も増えていきました。今でも中目黒と言えば、「桜まつり」と「夏まつり」ですね。

もしかしたら芸能人の方も姿を現すかも。

暑さが厳しくなる折ですが、お暇でしたら是非いらして下さい。

私も「同じ阿保なら踊らにゃソンソン」と謡いながら練り歩いておりますので。

中目黒夏まつり情報http://www.e-nakameguro.com/event/2018_53natsumatsuri_f.htm

 

(ちょっと中目黒コネタ)

今ある目黒区役所は以前は千代田生命という会社の本社でした。バブル崩壊と共に倒産しました。

千代田生命本社の前はアメリカンスクールがあったようです。戦時中にアメリカンスクールがあり、空襲時には近隣住民はみんなアメリカンスクール内に逃げ込んだといいます。そこに爆弾が落ちないと思われていたからです。

では、アメリカンスクールの前は何があったのでしょうか?なんと牧場です。浅海牧場があったそうです。

中目黒に牧場が!? 

このネタを知っている人は非常に少ないです。 

 

通話無料! 当社スタッフが丁寧に対応します。まずはお気軽にお問合せください。