社員ブログ

「登米は宮城の明治村だ」

投稿者:ブログ管理者 / 投稿日:2014/10/28

10月23日(木)、私は宮城県登米市登米町にいた。
親父の故郷宮城とは長い付き合いになるが登米に来たのは初めてだった。
市役所周辺には「みやぎの明治村」というポスターがあちらこちらに。
いったい何だろうと思い、少し街を散策してみた。

クラシックな建物が出てくる出てくる。
登米小学校・春蘭亭・警察資料館等々、築100年を超える木造建築物が大切に保存されているのです。
春蘭亭は何と築400年を越えるもの。茅葺屋根の維持管理でもかなりの費用がかかるはず。

街のあちこちにガキの頃に良く見た風景が。
オロナミンCの看板・床屋やサイン等昭和レトロを感じさせる珍品も静かに観光客を迎えてくれていた。

一番印象に残った風景は、北上川のでかさです。
湖かと思うほど、川幅は広く、そして、緩やかな流れ。
これほど大きな川を見たのは初めてだった。

旅の目的は、学校への挨拶でした。来年採用予定の学生がいる高校見学が目的でした。
その高校も創立100年を超える歴史ある高校だった。部活動が盛んな雰囲気は直ぐに伝わってきた。
東京からの見ず知らずの来訪者に対しても、学生全員が元気な挨拶を返してくれた。
い い感じだ。挨拶はコミュニケーションの基本。大人になっても忘れないで欲しい。

知っているはずの日本、東京、宮城、まだまだ探検すべきところはたくさんありそうだ。
大好きな昭和レトロに触れ、親父の顔を思い出し、墓参りに行かねばと思った旅人であった。

次回の旅寄稿は奈良を予定しています。

安全品質管理部 K子

「男達の熱き戦い」

投稿者:ブログ管理者 / 投稿日:2014/10/2

9月27日(土)、恵比寿の水刺間(韓国料理)の腕相撲特設リングにおいて、
積水工業の強者達の熱き戦いが繰り広げられました。

当社47期決算会議終了後の懇親会の特別企画として、腕相撲大会が開催されました。
日頃から、パイプを担ぎ、パイレン(パイプレンチ)を回し、
腕には自信がある強者が 賞金目当てに結集しました。

身体が資本のサービス部、若さだけで押しまくる東北武者、
怪我を恐れぬ高齢者(64歳)、バングラディッシュのチャンプ、
とにかく賞金の分け前に群がろうとする中年達、積水工業はじまって以来の盛り上がりをみせた男達の戦いでした。

小生は、安全品質管理部のドンこと、○瀬谷 64歳と勝負に挑みました。
正直いって、年の差18歳、孫の面倒を看ている老体に負ける訳はないと思っていました。

しかし、
手と手を組み合わせた瞬間、「これはまずい、負ける」と思ってしまった。
結果が出る前に、敵前逃亡せねばと考えたが、時既におそし、
Ready Goの合図がなった。
結果は予想通り、64歳の老体に秒殺されてしまいました。

学生時代にラクロスで鍛えた身体。まさか64歳に負けるなどと、
思いもせずに臨んだ戦いだっただけに、ショックは大きかった。
しかもその勝った瞬間の○瀬谷さんの ドヤ顔、今でも思い出す度に、はらわたが煮えくり返ります。
但し、リベンジなどと子供じみたことは考えずに、感服するばかりの私でした。

一方、本戦においては、東北の荒武者(19歳)とバングラディッシュのチャンプによる決勝戦。

東北の荒武者がリーチの長さをいかし、
一気にケリをつけて、大会初優勝。

この荒武者を倒せる逸材は、
大会当日に緊急修理で大会参加できなかったサービス部の 重鎮、○川しかいないのか?
それとも来期入社の若手か、それとも、64歳の老体か(笑い)

いずれにしろ、小生は二度と、腕相撲大会に出ないと誓った夜でした。

この大会を企画してくれた、総務のM本君、有難うございました。
毎年恒例行事にすることを、ご提案申し上げます。

安全品質管理部 K子

通話無料! 当社スタッフが丁寧に対応します。まずはお気軽にお問合せください。