社員ブログ

「プロフェッショナル:仕事の流儀」(威信をかけて水道を守る)を観て

投稿者:ブログ管理者 / 投稿日:2015/5/27

東京からミャンマーに派遣され、ライフラインである水道管のメンテナンスに従事する日本人の職人さんのお話でした。
我々水道管のプロからすると、ビックリ仰天の配管敷設状況。
塩ビ管にも関わらず屋外露出配管の雨あられ。
漏れて当然というような配管技術。

主人公の方が、漏水探知機(棒のようなもの)で漏水箇所を探し、修繕する毎日。
私も仙台支店の時に心優しい支店長の指示でよくやりました。
車の音とか、生活音が混じると、分からないんですよ、本当に。
しかも水量水圧が弱ければ弱いほど、発見は難しくなるのです。
夜中に探すのが一番効率的。分からないですよね。 発展著しいアジア諸国。
その中でもミャンマーは日本が期待を寄せる国。
生活に密着した、生活に欠かせない技術は世界に通じる。
我々でも貢献できることは世界各地にまだまだあると感じた番組でした。
将来の積水工業ミャンマー支店の支店長は、営業部A井君ですよ、頼みますよ(笑)。

私の一番苦労した漏水探査は、東北最大の国立大学内の水道本管からの漏水。
何せ広いのなんの。
配管の敷設深度も深いのなんの。 並みの探知技術ではなかなか検知できません。
最後は漏水探知専門会社に依頼したが、それでも検知できず。
このまま探し続けたら、 百万単位の費用が必要と分かり、探査は断念。
新たなルートでの配管の新設に切替で対応。

一番ビックリしたのは、一日あたり10トン以上の漏水が発生しているのにも関わらず、
数ヶ月以上ほったらかし状態。
もったいない。もったいない。

ミャンマーでのこの技術者の活躍はHPから観れます。
http://www.nhk.or.jp/professional/2015/0518/index.html

環境安全衛生cs推進大会

投稿者:ブログ管理者 / 投稿日:2015/5/26

当社のお客様であるハウスメーカーさん主催の環境安全衛生推進大会(安全大会)において
当社協力会社のFさん(写真左から5番目の方)が安全表彰されました。

我々の会社からではなく、お客様から直接評価を頂くことは当社にとっても名誉なことであり、喜ばしい限りです。
Fさんは、当社事業に30年以上もの長きにわたりご協力いただいている
職人集団 の重鎮です。私もよく怒られます(励まし)。

親父の代からの 付き合いで、現場においても、
今でも先頭にたって頑張ってくれています。
職人不足が叫ばれる昨今の建設業。
実際に現場で力を発揮してもらう職人さんをいかに確保するか、これが企業の生命線です。
但し、「良い」職人さんという大前提がつきますが。
長く、長く、職方さんと共に成長できる環境づくりをしていくのが、私の務めです。

金子信次郎

目黒区総合庁舎

投稿者:ブログ管理者 / 投稿日:2015/5/11

営業部Aです。

本日は、このパンフレットを見つけたので、
目黒区総合庁舎について書きたいと思います。

現在の目黒区総合庁舎は、以前、千代田生命保険相互会社の本社ビルとして、
1966年5月末に竣工しました。
その後、総合庁舎として利用するために、2002年4月から改修工事を開始し、
2003年1月に再生しています。
弊社は、この改修工事の空調工事をさせていただきました。
この縁をきっかけに、長年工事をさせていただいております。(今年も2件しております。)

この建物は、建築家村野藤吾の代表作にもなっており、
こだわりのつまった建物になっています。

例えば、村野建築によく見られるデザインは、 柱と床が接するところは、曲面に仕上げられています。

興味がありましたら、
皆様も、一度、目黒区総合庁舎に来て拝見してください。

よろしくお願い致します。

通話無料! 当社スタッフが丁寧に対応します。まずはお気軽にお問合せください。