水回りのトラブルが発生したときの対処法とは

給水設備の積水工業TOP > コラム > 水回りのトラブルが発生したときの対処法とは

水回りのトラブルが発生したときの対処法とは

風呂の排水口やトイレなどの水回りで思わぬ事態が発生したらどのようにすればいいのでしょうか。
放置しておくと水がどんどん溜まってしまい、あふれて浸水してしまうリスクがあります。今回はそんな水回りトラブルについて説明していきます。

<目次>
1.水回りでトラブルが起きたときの解決法とは
2.水回りのトラブルを防ぐためにはどうすればいいのか
3.水回りのトラブルを発見したときにまずすべきこととは

1.水回りでトラブルが起きたときの解決法とは



水回りのトラブルが発生した時は速やかに解決しなければいけませんが、例えば排水口から水があふれてしまったら、まずは圧力でつまりを解消できる道具を使用してみましょう。何が詰まっているのかにもよりますが、軽度であれば自分でも簡単に解決できます。使用するときには隙間がないようにしっかりと押し当てることがポイントです。隙間があるとうまく異物を取り出すことができません。

ラバーカップなどの器具を使って解消しようとしても解決できないのであれば、今度は専用の薬品を流してみましょう。最近はスーパーなどでも販売されているので、それを流してしばらく様子を見ます。薬品で溶ける物であれば簡単に改善できます。使うときの使用量に関してはマニュアル通りにすることが重要です。量が多すぎるとパイプが傷んでしまい、サビの原因になる可能性があるので注意しましょう。

それでも改善しないのであれば、無理に詰まった物を取ろうとするのではなくて専門会社に来てもらいましょう。素人が下手にパイプをこじ開けようとするとかえって被害が拡大してしまうリスクがあるので、プロの専門家に依頼してつまりを取ってもらった方が確実です。薬品やラバーカップなどを使っても取ることができないつまりが発生したら、落ち着いて専門家に連絡して状況を説明し、すぐに来てもらえるよう手配しましょう。



2.水回りのトラブルを防ぐためにはどうすればいいのか



水回りのトラブルが発生しないようにするためには、普段から掃除をすることが大事です。そもそも内部で物が詰まるのは掃除不足によるぬめりや髪の毛などが原因となることが多いからです。普段からマメに掃除しておき、ぬめりが溜まらないようにしておけば水が詰まることもほとんど無くなります。浴室であればシャンプーのカスや髪の毛などが固まって詰まることがありますが、風呂掃除を頻繁に行って排水口に髪の毛などが固まらないようにしましょう。

キッチンでは油や食品のカスなどが排水口に詰まることがありますが、油を捨てるときにはそのまま排水口に流すのではなく、一度キッチンペーパーやティッシュなどに染み込ませてから燃えるゴミとして捨てましょう。油は水に溶けないために排水口に流しても内部で固まることが多くなります。それが積み重なるとつまりの原因になり、やがて水があふれてしまいます。つまりはある日いきなり発生するのではなく、普段からの積み重ねが原因になることがほとんどです。予防のために水回りの清掃に関しては徹底しておきましょう。

それでも詰まってしまったのであれば、すぐに専門家に来てもらいましょう。水のあふれはいつ発生するのかわからないので、なるべく深夜や早朝でも対応している専門家を普段から探しておくことをおすすめします。トラブルが起きたときにすぐに連絡が付いて迅速に駆けつけてくれる専門家を見つけておくことがポイントです。また、実績が豊富にある専門家であればさまざまな対応の仕方の心得があるので、早期にトラブルを解決してくれやすくなります。電話してから専門家が駆けつけるまでの間は、被害が大きくならないようにタオルなどを使って階下に浸水しないように努めなければいけません。



3.水回りのトラブルを発見したときにまずすべきこととは



水回りで問題が発生したときには、まずはどのような症状が起きているのかを正確に把握する必要があります。例えば内部で何かが詰まっているために水があふれているのであれば、水を流すのをいったん止めて詰まりがすぐに取れるかどうかを見極めます。他にもトイレのタンクから水漏れしているのであれば、具体的にどこから水が漏れているのかを見つけましょう。タンクのふたから水が漏れている場合は単純にホースが外れてしまっていることも考えられます。

専門家を呼ぶ前に自分で簡単に解決できるかどうかを判断し、自分では対応できそうにないのであれば専門家を呼びましょう。また、どこから水漏れしているのかわからないときや、どのように対応すれば良いかわからないときもすぐに専門家に連絡しましょう。基本的に水関係の問題は自然に解決できるトラブルではないので、放置している間にもどんどんひどくなってしまうことがあります。特に集合住宅の場合、万が一階下にまで浸水してしまうと、後で損害賠償を請求されるケースもあります。一軒家の場合でも、放置していると床の傷みが加速してしまうので、なるべく早い段階で解決しなければいけません。

専門家を探すときには、料金やサービス内容、実績などを考慮して選ぶといいでしょう。また、自宅が対応エリア内であるかどうかも大事です。対応していないエリアの場合だと来てもらえないので注意が必要です。電話したときに正確に住所を伝えて確認しましょう。

次の記事へ

通話無料! 当社スタッフが丁寧に対応します。まずはお気軽にお問合せください。