コラム

給水方式の変更工事を行う前に知っておきたいこと

積水工業ではマンションの給水方式変更工事の際、お客様により安心して頂くために、弊社スタッフが納得のいくまで説明をさせて頂きます。今回は事前知識として、給水方式変更に関する情報をお伝えいたします。

水はどうやって蛇口から出てくるのか

私たちが当たり前のように暮らしている中で、ふと思うことはたくさんあります。例えば、どうやって蛇口から水が出てくるのかを改めて考えてみると不思議に思うかもしれません。簡単に説明すると下記のような流れで水道水として私たちの生活に運ばれてきます。

浄水場:河川などから取水された水(原水)が浄水場で飲める水として処理されます
ポンプ場:飲めるようになった水を貯水する場所です。災害時の飲料水としても確保されます
配水管:配水管を通って各家庭や公共施設へ水道水として運ばれます

配水管は道路などの下を通っていて、各自治体の水道局が管理しています。その配管が自宅や建物、水を使う場所まで続いていて、水を使うことができます。

基本的に水道設備はそれぞれの水道管になりますが、通常は建物を建てるときに電気工事やガス工事が業者によって行われるように、水道設備も業者が工事を行います。ただ、水道管の管理はそれぞれ建物の持ち主がしなければいけません。そのため、もしも水道管が古くなったり修理や変更が必要になったときは建物の持ち主が責任をもって業者に依頼する必要があります。

例えば庭から水が溢れている場合は、給水管が壊れている可能性が考えられます。管轄は自分が暮らしている町の自治体ですが、状況を自治体に説明するのはその土地や建物の持ち主です。速やかに連絡を入れて修理の手続きを進めもらうことが大切です。マンションやアパートのような集合住宅の場合は、水道管のほかにも給水設備があります。

気になる給水方式のこと

給水方式のひとつに貯水槽水道方式があります。受水槽水道方式と呼ばれることもあるタイプで、貯水槽の中に水道管から流れてくる水をためて、そこから水が出る蛇口まで配水されます。

このタイプは商業施設やマンションのような大きな建物で使われていることが多いのも特徴のひとつです。それぞれの蛇口で使われる水の量が多い場合に用いられます。水道管から流れてくる水の圧力は一定ですが、一斉に蛇口をひねると水の圧力が下がってしまうため、チョロチョロとしか流れなくなります。その悩みを解消させるため、大きな建物では貯水槽水道方式が一般的になりました。定期的に貯水槽の中を掃除することで、常にキレイな水が供給されます。また、災害などが起きたとき、水道管が破裂するなどのトラブルが起きた場合でも、貯水槽に水がたまっている間は水を使うことができます。そのため、非常に大きなメリットがあります。

次に紹介するのは直結増圧式給水方式です。これは、貯水槽水道方式を取り入れるまでの大型な建物ではないものの、一戸建てに引くタイプでは水圧が足りないという場合に用いられます。一般的に3階建てのような建物の場合に利用されていて、増圧ポンプを増やすことで高い階まで水を供給することが可能です。

一戸建ての場合は直結直圧式給水方式が一般的です。地面に埋まっている水道管が、それぞれの建物の中まで繋がっていて、直接水道管の水が蛇口から出てくるタイプです。貯水槽の定期的な掃除がなくなるので、一戸建てで暮らす一般家庭の負担を大きく減らすことができます。直結直圧の最大のメリットは導入する際の費用を抑えることができる点です。大きな建物の場合は貯水槽水道方式が一般的ですが、最近は給水方式変更の工事が話題になっています。これは、貯水槽水道方式から直結直圧式水道方式へ変更する工事です。今どうして給水方式の変更工事が話題になっているのかというと、貯水槽の掃除や点検が不要になることが大きなメリットであるためです。これにより、常に安全で安心できる水を供給することが可能になります。

さらに、貯水槽を置く必要がなくなるので空いたスペースの有効活用も可能です。建物の高さは、一般的に最大で4階建てまではポンプ無しの直結直圧給水が可能だと言われています。しかし、建物の配管状況や、その土地の水圧などの影響から建物の高さに違いがあることを念頭に置いておきましょう。5階以上の建物の場合は、ポンプを使用した直結加圧吸水方式が用いられます。これらに変更する場合は改造工事と、水の逆流を防ぐための給水用具を設置する工事が必要になります。

直結給水方式を取り入れたい場合

特にマンションのように多くの住人が暮らしている建物では、貯水槽から直結給水に変更するために、デメリット、メリットを住人に説明する必要があります。どちらもメリットがあるため困惑する住人もたくさんいるかもしれませんが、直結給水方式へ変更工事することで多くのメリットがあることをしっかりと説明することが大切です。特にアピールしたいポイントが安全で安心できる水が供給されること、いつでもおいしい水を飲むことができることです。私たちの暮らしと水は切り離せないものですし、安全で安心できることは最大のメリットと言えます。

また、貯水槽の定期的な掃除や点検がいらなくなるので、維持管理費を削減できることも一緒にアピールすることができます。長期的な目で見た場合の直結給水のメリットは大きいです。ただ、建物の違いによってどのような方式が合っているのかが異なるので、業者に相談して決めるのがおすすめです。

一覧ページへ戻る


通話無料! 当社スタッフが丁寧に対応します。まずはお気軽にお問合せください。