コラム

マンションの増圧ポンプが故障した時の原因と対処方法

マンションの増圧ポンプが故障した時の原因と対処方法

マンションの増圧ポンプが故障する原因は、メカニカルシールの経年劣化や制御基板の破損などです。
ポンプ自体は非常に頑丈な設備ですが、各部に消耗品が使われている為、経年劣化は避けられず、いずれ何かしらの不具合が発生します。

ポンプの故障は、断水や異音による騒音等さまざまなトラブルにつながるうえに、対応が遅れると入居者からのクレームや不満が出て、物件としての評価も下がってしまうので、少しでも早く対処できるように日頃から点検をしておきましょう。

今回は、マンションの増圧ポンプが故障する代表的な原因や、増水ポンプが故障した際の対処法をご紹介します。

マンションの増圧ポンプの耐用年数は15年ほど

マンションの増圧ポンプの耐用年数は、おおよそ10年から15年です。[注1]
実際には、マンション自体の大きさや普段の給水量、定期メンテナンスの有無などによって若干寿命は変わってきます。

ひとくちにマンションといっても、入浴をシャワーのみですませる人の多い単身者向けの物件と、頻繁に湯船にお湯を張るファミリー世帯向けの物件では1日の水道利用料は段違いです。
当然のことながら、使用量や運転頻度の多い物件のほうが、増圧ポンプの故障リスクは高くなります。

とはいえ、数値上の耐用年数を迎えても、その時点で必ず故障するというわけではありません。
定期的に点検を行い、故障する前に整備することにより、マンションで使われている増圧ポンプを長持ちさせることも可能です。

耐用年数15年という数値は、あくまでもひとつの目安として覚えておくと良いでしょう。
どの道、マンションは10年から15年ごとに大規模修繕が必要になります。

故障のタイミングを覚えておいて修繕積立金を積み立てたり、トラブルの優先度を振り分けたりして空室率が高くならないようにしましょう。

[注1]一般社団法人リビングアメニティ協会:給水ポンプシステムの保守管理・整備診断について[pdf]
https://www.alianet.org/amenitycafe/wp-content/uploads/2013/06/ponpou2018.10.pdf

マンションの増圧ポンプが故障する原因は部品の破損

マンションの増圧ポンプが故障した時の原因と対処方法
マンションの増圧ポンプが故障する原因は、以下のようなものです。

  • ・ゴムパッキンやメカニカルシールの破損・劣化
  • ・制御盤の誤作動
  • ・基盤の破損
  • ・圧力スイッチ及び圧力センサーの不具合
  • ・ネジの緩み
  • ・ほこりの堆積などによる発熱
  • ・異物のつまり
  • ・インバータ故障
  • ・圧力タンク、アキュームレータの故障

基本的に、故障の原因を完全に取り除くことはできません。
増圧ポンプは、大小さまざまな部品で構成されており、形あるものである以上構成部品がいつか必ず壊れるからです。

とくに、ゴムパッキンやメカニカルシールは、経年劣化によって弾性を失って亀裂が入ったり、腐食して破損したりする場合があります。

増圧ポンプ故障の対処法はパッキンの交換やオーバーホールや交換など

故障の原因にもよりますが、マンションの増圧ポンプ故障の対処法は、基本的に「壊れた部品の交換」です。

パッキンの破損は新品への交換で直せる

ゴムパッキンやメカニカルシールのトラブルは、同じ商品を入手して新品に交換すれば修理できます。
ただし、増圧ポンプのような業務用の住宅設備であっても、15年ほどで正規品の修理パーツは製造されなくなるケースが多いです。

正規品が手に入らない場合は、増圧ポンプそのものの交換を考えましょう。

交換費用は150〜300万円ほど

増圧ポンプ全体を取り替える場合、交換費用は150〜300万円ほどかかるのが一般的です。
もちろん、ゴムパッキンの交換のみなど、工事が限定的な場合は修理費用も安くなります。

しかし、マンション用の増圧ポンプはそもそも本体代金が高額ですし、工事費用も必要になるため、100万円を下回ることはないでしょう。

増圧ポンプの交換工事には3~4時間ほどかかる

なお、増圧ポンプの交換工事にかかる時間は、3〜4時間ほどです。
ただし、給水設備を設置している場所が手狭で作業しづらかったり、当日オーナーが同席できずに鍵の準備などで手間取ったりすると、余計な時間がかかります。

重大なトラブルを避けるために増圧ポンプは定期メンテナンスを実施しよう

マンションオーナーにとって、増圧ポンプの故障が原因で発生する断水は非常に大きな問題です。
クレームにつながるようなトラブルの対応が遅れると、入居者の退去にもつながりかねません。

また、漏水を放置するとさらなるトラブルに発展する可能性もあるため、増圧ポンプの故障をいち早く解決できるように、定期的なメンテナンスとオーバーホールを実施しましょう。

一覧ページへ戻る


通話無料! 当社スタッフが丁寧に対応します。まずはお気軽にお問合せください。