コラム

水道管の凍結防止と対処法について

水道管の冬支度!凍結防止と対処法について

凍結防止帯の利用や水の出しっぱなし、給湯器の追い焚き機能を利用すれば、突発的な寒波による水道管の凍結や破裂を防ぐことができます。

水道管の凍結は、気温がマイナス4℃を下回れば全国どこでも起こりうるトラブルなので、雪国ではないから対処法を知らなくても良いというわけではありません。

今回は、水道管トラブルを防ぐ冬支度として押さえておきたい、水道管の凍結防止と対処法をご紹介します。

水道管の冬支度をするうえで知っておいてほしいのが、外気温がマイナス4℃を下回ると凍結してしまう可能性があるということです。

雪国以外でも寒波が訪れると水道管が凍結してしまう

関東や関西など、雪国以外の地域に住んでいる人にとって、水道管の凍結は日常的なトラブルとはいえません。
しかし、水という液体が0℃で凍るという性質を持っている以上、気温が下がれば水道管の中を満たしている水は凍結します。

寒波はいつ訪れるか分かりませんし、普段温暖な地域でも長く寒波が続くと水道管が凍結する可能性があるため、最低限対処できるだけの知識は必要不可欠です。

水道管の凍結防止を怠ると水道管が破裂してしまう可能性もある

住んでいる場所に関わらず水道管の冬支度を知っておくべき理由として、「水道管の凍結は水道管の破裂につながる可能性がある」というものもあります。
水道管の凍結は、日本気象協会で「水道凍結指数」が毎日更新されるほど大きな問題です。[注1]

液体の水が冷えて氷になると、液体のときよりも体積が大きくなります。
水道管自体は頑丈な素材で作られていますが、水道管を100%満たしている水が凍って液体よりも体積が大きくなってしまい、その分内側から圧力を受けることになるため、場合によっては水道管そのものが破裂してしまうのです。

破裂した水道管の中を通っている水がすべて凍っていれば、「水が出ない」というトラブルですみますが、一部でも凍っていない水があると漏水が発生します。
また、夜が明けて気温が上がっても漏水被害が出てしまうので、冬特有の水トラブルを防ぐためには、水道管が破裂しないように凍結防止策を打つことが重要です。

[注1]日本気象協会:水道凍結指数
https://tenki.jp/indexes/freezing_water/

水道管の冬支度!凍結防止と対処法について
凍結防止帯を利用したり、水を一晩中出しっぱなしにしたりして水温が下がらないようにしておくと、水道管の凍結を予防できます。

①水道管に凍結防止帯を巻きつけておく

保温材や分厚いタオルなど、ある程度外気をシャットアウトできるものを水道管に巻きつけておけば、水温の低下を抑えることが可能です。
寒冷地では、凍結防止帯と呼ばれる機器が最初から設置してあります。

気温が低くても、寒波がきても、水温が下がらなければ水道管は破裂しないので、地味ですが効果的な対処法のひとつです。

②蛇口をひねって水を出しっぱなしにしておく

水を流していると熱が一箇所に溜まらないため、氷点下でも水道管が凍結しづらくなります。
決して大量の水を流しっぱなしにしておく必要はないので、水の流れが止まらない程度に蛇口をひねっておきましょう。

ただし、当然のことながら、水を出していると水道料金がかかります。
厳冬が続く場合はあくまでも緊急回避策として利用する程度に留めておいて、凍結防止帯などを購入するのがおすすめです。※数千円~で購入できます

③給湯器の追い焚き機能を利用する

給湯器の追い焚き機能を使うという手もあります。
一晩中温水を作っておけば、給湯器周辺の水道管が凍結する心配はありません。

とはいえ、水の出しっぱなしと同様に、追い焚き機能の多用はガス代がかかるため、常時利用すべきとはいいづらい部分もあります。
また、普段浴槽にお湯を張らないご家庭や、追い焚き機能のない給湯器を使っている住まいだとこの対処法は利用できないため、注意が必要です。

④水抜きができる場合は水抜きをしておく

寒冷地の場合、蛇口の近くにもうひとつコックがあり、「水抜き」できるようになっています。
蛇口の周辺を水抜きしておけば、金属製の蛇口が破裂することはありません。

設備によってできない場合もありますが、水抜きに対応した蛇口がある場合はあらかじめやっておきましょう。

水道管の冬支度!凍結防止と対処法について(2)

急な寒波で水道管が凍結してしまった場合の対処法は、以下のとおりです。

●ぬるま湯をかけて徐々に凍結部分を溶かす
●ドライヤーを使って水道管周辺を温める

いきなり熱湯をかけると、温度差によって水道管が傷つく可能性があります。基本的には、ゆっくりと温度を上げて凍った部分を溶かしましょう。

万が一水道管が破裂してしまっている場合は、専門業者を呼んで修理してもらうのがおすすめです。

どこに住んでいようと、夜間の気温がマイナス4℃を下回ると水道管が破裂するリスクがあります。
しかし、水道管の冬支度である凍結防止策を知っておけば、水道管の凍結や破裂を予防することが可能です。

凍結防止帯を巻きつけたり、水を出しっぱなしにしておいたりと、凍結自体は簡単な方法で対処できます。
自分でできる対処法を活用して、冬支度を整えましょう。

一覧ページへ戻る


通話無料! 当社スタッフが丁寧に対応します。まずはお気軽にお問合せください。