コラム

マンションの給水管の更新工事を行う目安とメリット

積水工業ではマンションの給水管更新工事の際、お客様により安心して頂くために、弊社スタッフが納得のいくまで説明をさせて頂きます。
今回は基礎知識として目安やメリットをお伝えいたします。

築年数や症状による更新工事の目安

何十年にもわたって快適なマンションの居住空間、生活空間を維持するためには、
マンションの給排水設備を定期的に見直し、改修や更新を行う必要があります。
配管を修復するのではなく、配管を新しく取り換えるのが更新工事です。

配管の改修や更新について

給排水管、衛生設備の問題を予防することは、マンションを長持ちさせることにつながり、資産価値を低下させない効果もあるので、適切な時期に改修や更新工事を行うことがおすすめです。

給水管設備を更新する目安は、築年数と問題の症状によるものがあります。
築年数では5年で給水管設備のオーバーホール、15年で水道メーター周辺設備、20年から25年で共有部配管、30年で専有部配管を更新するのが適切です。それ以上になると大規模改修工事を考えることになります。

問題の症状について

赤水が出るときと、青水が出るときがあります。赤水が出るのは給水管の一部が、酸化、腐食しているためで、サビや鉄バクテリア、マンガンが給水管に混入することによって起こります。しばらく使用していない水栓を開けたときに赤水が出るのは軽度であり、毎朝、赤水が出たり、断水後に赤水が出るのは中度、いつも赤水が出たり、サビの粒子が出たりする場合は重度の症状です。

青水が出るのは鋼管が腐食した状態で、鋼管のイオンが、水道水の塩素によって溶け出すことで起きます。水を流している状態では分かりませんが、タイルの目地や、水で濡らしたふきんが青く着色することがあります。以上のような問題が起きたら、すぐに管内診断をするなど、対応する必要があります。

更新工事を放置することによる問題

予定外のコストがかかることも

給水管に何らかの問題があったり、築年数が経過したりしているのに管内診断をするなどの対応をせず、見過ごしてほったらかしにしていると取り返しがつかないほどの問題に発展する恐れがあります。給水管の赤水や青水の状態をそのままにしていると、知らず知らずに水道水から鉄分などの金属物質を過剰に摂取してしまい、健康被害を招くことになります。また、赤水や青水が出る状態を放置することで、給水管や継手が腐ったり、壊れることになり、予定外の工事のコストがかかることもあります。

取り返しのつかない状態になる前に

マンションの建物の劣化はいずれ起こることであり、いろいろな理由をつけて先延ばしにしていても、必ず対応することになります。取り返しのつかない状態になったり、居住者から苦情が出たりしてから給水管の更新工事を検討しても、調査や工事計画、資材調達などに時間がかかり、実際に更新工事を施工するまでにさらに被害が拡大することが考えられます。予め想像できるトラブルは回避できるように予防し、トラブルが発生したときは速やかに対応できる準備が必要です。給水管は普段は目につかないところにある設備のため、管内が劣化していることに気づかないことが多いです。さらに、築年数と劣化の進行が必ず比例するわけではなく、思ったより早く劣化が進行することもあります。適切な時期に改修や更新工事を行うためには、正確な管内診断をすることが重要です。工事業者にもよりますが、管内診断には一般的なアンケート、問診調査、外観目視調査だけでなく、詳細を調べる内視鏡調査、超音波肉厚測定などがあります。トラブルは予防することが大切なので、何か少しでも異変があれば業者に依頼した方が安心です。

給水管の更新工事を行うメリット

古くなった配管を工事するときは、更新工事と更生工事の2つがあります。更生工事は更新工事のように新しいものに交換するのではなく、古くなった配管内に新しいパイプを作ることで古い配管を補強する工事のことです。どちらの工事を行うかは、給水管の劣化状況や使用年数、施工期間、費用などの条件によって異なります。配管の取り換えを行うと工事日数がかかりますし、補強工事よりも費用は高くなりますが、管内の腐食による劣化の進行が抑えられます。

代表的な更生工事と、注意点は?

更新工事を行うことで、赤水や青水などのトラブルが解消するので、衛生面での安全性が保たれます。配管が新しくなることで、破損のリスクが回避され、漏水する心配が解消されます。さらに新しい給水管に交換したことで、耐久年数が長くなるというメリットがあります。一方の更生工事は、短期間の施工が可能で、工事の騒音も少ないです。建物を解体して復旧させる手間があまりかからず、大がかりな工事にならないので、比較的工事費用が抑えられるメリットがあります。

ただし、配管内に新しいパイプを作るため、配管の内側を削る必要があり、あまりに老朽化してしまった配管には対応できません。施工後の寿命は10年ほどで、その後は更新工事をすることになります。さらに、古い配管を再利用しているので、衛生面での不安があります。どちらの配管工事を選択するかは、マンションの現状に合わせた工法や経済面を考える必要があり、排水管と合わせて給排水設備全体の工事を考える場合もあります。

一覧ページへ戻る


通話無料! 当社スタッフが丁寧に対応します。まずはお気軽にお問合せください。