コラム

排水管を更生するメリット

排水管は経年劣化していくものです。給水管も同じですが、排水管に流れるのは水だけでなく有機物や脂肪分、汚水ですから、詰まりを起こしやすいのです。排水管の詰まりを解消する薬剤も売られていますが、それは一時凌ぎのようなもので、劣化を防げるわけではありません。
排水管のメンテナンスには、排水管を取り替えるのではなく更生する方法があります。取り替えるよりも様々なメリットがあるので、一考してみましょう。

目次

  1. 排水管の更生なら更新のデメリットを回避しつつ寿命を延ばせる
  2. 排水管の寿命を延ばすには更生もひとつの手

排水管の更生なら更新のデメリットを回避しつつ寿命を延ばせる

排水管イメージ

排水管の詰まりや経年劣化による破損を防ぐなら、排水管を新しいものに取り替えてしまう更新という方法がベストです。更新を行うことで、耐久年数が長く劣化を防げるなどさまざまなトラブルを解決できますが、一方で費用面などのデメリットもあります。

そのデメリットを回避しつつ、排水管の寿命を長くできるのが更生という方法です。更生は、排水管内の詰まりやサビ、臭いも解消できるだけでなく、管内を専用の樹脂等によりコーティングすることで劣化を遅らせることができます。それ以外にも排水管の更新に比べてさまざまなメリットがあります。

メリット1. 更新の2分の1~3分の1ほどの費用で済む

排水管の更新となると床や天井、壁を解体して排水管を取り替える工事になります。それを元に戻す復旧工事も必要となり、内装仕上げも行います。そうなると、どうしても費用がかさんでしまうことになります。

一方で、排水管の更生であれば、解体工事・復旧工事は必要ありません。管内に付着している汚れやサビを落とし樹脂をコーティングさせる工事だけなので、安価で済みます。

かかる費用に関しては場所や建物によって変わるので一概には言えませんが、排水管の更生なら更新の2分の1~3分の1の費用でおさまることが多いようです。

メリット2. 工期が短く生活に大きく影響しない

排水管の工事中は、当然その配管部分は排水できません。トイレ部分ならトイレは使えない、浴室ならお風呂に入れない、台所なら料理・洗いものができなくなります。排水管の更新だと、内装復旧が必要になるため、工事が長期間にわたり、普段の生活に戻るまでに時間がかかります。

一方で、排水管の更生なら内装復旧の必要がありませんので、即日工事が完了するケースが多いです。昼間利用できないだけなので、普段の生活に大きな影響が及ぶこともありません。

メリット3. 居住者・近隣住民への影響が少ない

排水管の更新では床や壁、天井の解体は避けられません。当然その工事やその復旧を行うと、騒音は大きくなってしまいます。一戸建てなら地面を掘り起こすこともあるので、その際の騒音もありますし、マンションなら居住者への影響は避けられません。
また、排水管をむき出しにするわけですから臭いも発生するでしょう。工期が長いので、その影響が数日間続くこともあります。

一方で、排水管の更生なら、排水管の汚れやサビを落とす際の機械音だけです。内装を解体するほどの大きい音ではありませんし、その作業が短時間で終われば、後はほとんど騒音がないのと同じです。また臭いに関しても近隣住民への影響は少なくなります。

メリット4. 壁や天井に配管を露出させる心配がない

排水管の更新の場合、住居の状態によっては配管を変える必要があります。配管を変えるなら内装解体の範囲は少なくなり、費用も抑えられます。
その反面、壁や天井に配管を露出させざるを得なくなることもあります。見た目もよくありませんし、資産価値も大きく下落してしまうこともあります。
排水管の更生なら、既存の排水管をそのまま利用するので、配管を変える心配はありません。

排水管の寿命を延ばすには更生もひとつの手

排水管が外れたり壊れたりすれば、床や地面が濡れたり臭いが発生したりするなど、居住者だけでなく近隣住民に多大な影響を与えることになります。そうなる前に、更新や更生といった定期的なメンテナンスが重要です。
ベストなのは更新を行うことですが、排水管の更生は費用面や騒音面などでメリットが多い方法です。業者と相談して、どちらの方法を選択するか決定しましょう。

一覧ページへ戻る


通話無料! 当社スタッフが丁寧に対応します。まずはお気軽にお問合せください。