コラム

排水管の更新工事を行う目安とメンテナンス

マンションの排水管更新工事には、事前準備が必要になります。積水工業では、適切な工事時期や必要なアドバイスを行っております。
今回は、事前情報として一般的な更新工事を行うタイミングについてお伝えいたします。

マンション排水管の更新工事の目安

排水管の寿命を決める要素は、どのような排水をしているか、配管の種類、築年数などです。更新工事で排水管を新しく取り換えるのか、更生工事で補強するのかを現地調査をして確認する必要があります。築年数で見ると築10年以内であれば、特にトラブルの症状はないので、年1回の排水管の洗浄を行うことで状態は維持できます。築20年になると、排水の仕方によっては台所の配管に油類や汚れが付着するので、配管の更生工事が必要です。また、排水ポンプを交換する時期でもあります。築25年になると台所の配管で詰まりや漏水が起こり、配管内部に錆が出て、赤水になることもあります。この時期は共用部や専有部の更生工事、または更新工事が必要です。築30年になると台所だけでなく、浴室や洗面所の配管で詰まりや漏水が発生し始め、配管内部に錆が出て、赤水になったりします。築35年ではさらに排水管のトラブルが頻繁に起こります。築30年から35年は更新工事の時期で、場合によっては更生工事になります。埋設配管の更新が必要なこともあり、大規模改修の時期でもあります。

築年数だけでなく、実際に排水管にトラブルが発生し始めたら、管内診断、調査が必要です。例えば排水管が流れないときは、破損している可能性があり、音が聞こえたり、屋外の桝から水が溢れたりしている場合は、破損の程度が重度である可能性が高いです。管内にサビや腐食が発生している場合、鋼管を使用していることが多いです。また、冬の寒い時期に高温の排水を流すと、温度変化によって強度の低い部分が金属疲労を起こし、亀裂や破損の原因になります。このようなトラブルはすぐに業者に依頼した方が良いです。

戸建てや一軒家における排水管の更新工事の目安

排水溝の流れが悪い、排水管からゴボゴボという音がする、トイレの水が流れにくいなどのトラブルは、排水溝や配管が原因となっている可能性があります。自分で対応できるケースもあれば、業者に依頼することが必要なケースもあります。排水溝から悪臭がする場合、排水トラップの汚れや破損が考えられるので、まず業務用パイプクリーナーで洗浄してみて、それで改善しないときは業者に依頼してください。排水管からゴボゴボと音がする場合、ゴミや野菜クズが詰まっている可能性があるので、排水トラップを洗浄します。それで改善しないときは配管内部のトラブルが考えられるので、業者に依頼しましょう。
排水溝から水が逆流してくる場合、排水溝か配管内部の詰まりが考えられます。生ごみなどが排水溝に詰まっているときは、清掃すれば改善しますが、それで改善しないときは配管内部の詰まりが考えられます。敷地内の地面がへこんでいるときは、地中に埋設した配管のどこかが破断している可能性があります。排水管から汚水が漏れ出し、周りの土が流されて、地面がへこんでしまいます。この場合は配管ごと取り換える更新工事、または配管を補強する更生工事を行います。

蛆虫やネズミが発生しているときは、地中に埋設した配管の合流部が破断、損傷している可能性があり、そこに蛆虫やネズミが侵入して繁殖しています。合流部である会所を確認し、駆除をしてから更新工事か更生工事を行うことになります。戸建て、一軒家の排水トラブルの多くは地中に埋設した配管に原因があり、原因が分からないまま、排水トラブルに悩まされている方が少なくありません。築10年以上の住宅は配管構造が古く、不具合が生じやすいので、配管状態を診断してもらうことをおすすめします。

排水管を長持ちさせるためのコツとメンテナンス

建物の配管でもっともダメージを受けやすいのが、台所、キッチンの水回りの排水管です。直接、油や生ごみ、熱湯などを流すことが多い場所であるため、雑菌が繁殖し始め、詰まりや漏水が起きる原因となります。油類は配管内に付着すると、管内のスペースが狭くなり、詰まりを引き起こします。また、雑菌が繁殖する温床となり、詰まりや漏水の原因となります。
熱湯をそのまま流すと配管が熱で傷んだり、変形したりしてしまうことがあります。熱湯を流すときは、水と一緒に流すようにして温度を下げる工夫が必要です。洗剤も薬品になるので、配管の傷みや変形を引き起こすことがあります。中性洗剤以外の食器用洗剤は流さないようにするか、水と一緒に流して薄めると良いです。少しでも配管のダメージを減らすために、傷みの原因となる油や生ごみ、熱湯、洗剤などをなるべく流さないように心がけることが大切です。

配管は一度、詰まりや漏水などのトラブルが出始めると、劣化の進行が早くなります。一時しのぎの修繕をしても、再発を繰り返してさらに劣化が進むことになります。そのため、更生工事や更新工事のときに大規模な修繕が必要になり、施工期間も工事費用もかかるという事態になります。定期的にメンテナンスを行い、早めに更生工事や更新工事を行うことで、施工期間を短縮し、工事費用を抑えることができます。築10年以上の建物で一度も点検していない場合は、業者に診断を依頼しておくと安心です。

一覧ページへ戻る


通話無料! 当社スタッフが丁寧に対応します。まずはお気軽にお問合せください。