給水管や排水管の工事が必要なわけ

給水設備の積水工業TOP > コラム > 給水管や排水管の工事が必要なわけ

給水管や排水管の工事が必要なわけ

外壁や壁、床などは、ある程度の年数が経てば修繕工事が必要であることは多くの人が理解していると思います。
しかし、給水管や排水管も同じように工事が必要であることを知らない人もいます。今回はその部分について説明していきます。

<目次>
1.配管の劣化も進行していく
2.住宅配管の寿命について
3.優良なリフォーム会社を探すためのコツ

1.配管の劣化も進行していく



水の流れの悪さ、臭い、水の出の問題など、年数が経つと配管が傷んで悪くなっていきます。だからこそ、トラブルなく清潔な状態を維持していけるよう、給水管や排水管のトラブル診断をしていく必要があります。

基本的な流れとしては、まず管内のカメラ調査や配管の一部を取り出す抜き取り調査を行って、配管の詰まりや腐食などの劣化状況を調べます。そして、最適な方法を検討していき、業者によってはこのときにどれぐらいの費用がかかるかも説明してくれます。給水管の劣化診断ではメーター回りの配管を切り取ったり抜き取ったりして内視鏡の配管内部の様子を確認していき、あわせて内部の状態を目視で確認する作業を行います。

排水管の調査では、配管経路に応じての専有部内やピット内で目視調査や内視鏡調査や抜き取り調査を行って問題があるかどうかを確認していきます。これは、そのマンションの給水方式の種類によっても対応が変わり、高置水槽方式の場合と加圧給水方式の場合があります。また、直結増圧給水方式の場合と直結直圧給水方式もあり、それぞれの給水方式にあわせて対応していくことが基本です。

給水管や排水管の改修にはさまざまな工法があります。そのマンションの配管材料の種類や傷んでいる状態、資金や配管ルートなどのさまざまな観点から検討して適している選択をしていきます。更生工事では既存配管の内側のさびを落としていき、塗膜でライニングして延命させていきます。更新工事では高性能ポリエチレン管やステンレス管といった最新技術の新しい配管に取り換えていき、一度取り換えたら30年以上改修は不要とされています。

給水方式の切り替えでは、直結増圧給水方式や直結直圧給水方式に切り替えていき、省エネや水槽スペースの有効利用を図っていきます。本管から直接給水することで、安全でおいしい水が供給されるところが大きいです。配管の劣化が進んでしまうと、安全でおいしい水が供給されなくなってしまう理由になります。そのため、給水管や排水管の工事が必要です。



2.住宅配管の寿命について



寿命は配管の素材によって異なるのが注意すべき点です。古い建物で用いられている配管は多くの場合、金属製です。鉄で作られているパイプもあり、寿命は長いものの経年劣化によってのさびや汚れの付着が目立ちます。さび混じりの赤水が出る場合については、パイプの洗浄をしても排水が流れにくい場合もあり、交換を考える時期に差し掛かっています。

新しい建造物の場合は宅内配管に樹脂管が用いられており、経年劣化が理由でさびてしまうことがありません。一方で、樹脂管は熱に弱いのが弱点であり、熱い油や熱湯などを頻繁に流しているとつなぎ目が弱くなって漏れが発生しやすくなります。水の流れが悪くなってきたときには交換を考える時期です。目安となる年数は約20年であり、新しく家を建てた時から20年経過したら給水管や排水管の工事を視野に入れましょう。

また、どんなによいものを使っていても、年数が経つことで傷んでしまい状態が悪くなることで徐々に性能が落ちてしまうのも注意点です。その地域によって水道水の質は異なるものの、水道水中のミネラル分が多くなって、水道管内にミネラル分が付着しやすくなっている場合もないわけではありません。ほかの地域よりも早く水道管が詰まってしまうことがあるため、通常よりも早めに工事を行うことを考える方が良いでしょう。



3.優良なリフォーム会社を探すためのコツ



給水管や排水管の工事を行なうのなら、リフォーム会社に依頼することになるでしょう。しかし、リフォーム会社と一口にいっても、非常に数多くのリフォーム会社が存在するため、どこを選択すればよいか頭を悩ませる人もいます。重要になるのは複数社に依頼して比較検討することです。後からもっと費用が安くて質のよいリフォームを行ってくれるリフォーム会社があったということは避けないといけません。

ただ、複数社に何度も同じ説明をするのが面倒で、自分で探して問い合わせをするのが面倒と考える人もいるでしょう。こういった人にピッタリとなるのが無料で比較見積もりが可能なサービスです。これなら簡単に複数社に見積もりを依頼し、費用が最も安いリフォーム会社を選択できます。また、求めているリフォームに対応してくれるかどうかを見極めるうえでも重要です。

給水管や排水管の工事は一生のうちに何度も行うものではありません。その分多くの費用がかかってしまうものの、後悔せずに失敗しないリフォームをするためには、リフォーム会社選びが肝心となります。大胆に選択をするよりも、慎重に物事を考えた方が後悔することはなくなるでしょう。そのためには複数社に見積もりを依頼することが大切です。

次の記事へ

通話無料! 当社スタッフが丁寧に対応します。まずはお気軽にお問合せください。