排水管更生の重要性

給水設備の積水工業TOP > コラム > 排水管更生の重要性

排水管更生の重要性

「排水管更生」とは、老朽管が進んだ排水管を、取り替え工事をせずにリニューアルし、寿命を延ばすことです。排水管が老朽化すると、詰まりや逆流、漏水などのさまざまなトラブルが起こってきます。

こちらでは排水管厚生の重要性を、排水管詰まりの原因やサイン、代表的な排水管更生方法とともにご紹介します。

老朽化した排水管をリニューアルする「排水管更生」


排水管は家庭で出た汚水を下水管へと流すためのものですが、概ね20年程度で老朽化が目立ってきます。
古くなった排水管は、本来であれば新しいものに取り替えることが望ましいのですが、取替工事をする場合、以下のようなデメリットが発生します。

大掛かりな工事となり、多額の費用が必要となる
床や壁、天井などを壊す必要があるため、住人へ多大な迷惑がかかる

こうした問題を解決するための方法の一つとして、「排水管更生」があります。排水管更生では、排水管を新しく取り替えるのではなく、元々あったものをそのまま生かして管の中をリニューアルすることが可能です。

床や壁、天井などをはがしたり、排水管を埋め込んでいるコンクリート部分を壊したりする必要がないため、排水管の老朽化によるトラブルを回避でき、工事の負担も軽減されます。

排水管トラブルの原因は日常生活の中に



排水管はキッチンや洗面所、浴室やトイレなど、家庭から出るあらゆる生活排水が一緒になって流れていく管です。排水管にはポンプのようなものがついているわけではなく、圧力がかかるようにもなっていません。少しの勾配をつけて、下へ向かって自然に流れていくようになっているだけです。

そのため、水流が作り出す圧力では流しきれないようなゴミや異物が一度排水管の中で引っかかってしまうと、その部分に次々と他のゴミが溜まり、いつの間にか大きな詰まりに変わってしまうことになります。

例えば、このようなものも原因になり得ます。

キッチンで流した油
浴室から流れ出た髪の毛や皮脂
洗濯機の排水から出た繊維やボタンなどの異物

このようなものが流れてしまわないよう、普段から注意するようにしましょう。

排水管詰まりのサイン


排水管は水回りのそれぞれの場所に独立してあるのではなく、すべての場所から流れる生活排水を1本の排水管に集めて流すような形になっています。そのため、排水管に詰まりが生じると、家の中の排水口すべてに不具合が生じてしまいます。

水を流してもなかなか流れない
排水口から嫌な臭いがする
排水口周辺から変な音がする
水を使っている場所と違う場所の排水口から水があふれてくる

このような現象が出始めたら、排水管がつまってきているというサインです。

排水管更生方法の1つ「リノベライナー工法」



排水管更生の方法にはいろいろな種類があり、施工会社によって採用している工法も違います。ここでは排水管更生方法の1つとして「リノベライナー工法(排水管横主管更生工法)」をご紹介します。

リノベライナーというのは楕円形の形状記憶型硬質塩ビ管です。これを既存の鉄管や銅管の排水管の内部に引き込み、蒸気の熱によって円形に復元させて管の内部に密着させ排水管をリニューアルするのがこの工法です。

これまでの排水管更生方法では、腐食して穴が空いている管や曲がりがある主管には対応できない場合が多くありました。しかし、この工法であればリノベライナーが管に開いていた穴もぴったりと塞ぎ、曲がっている部分にもしっかりと沿って密着するため、従来工法では難しかった管も更生が可能です。

作業工程は3ステップ


リノベライナー工法による排水管更生の工程は以下のとおりです。

既設の排水管の中の汚れやサビを、高圧洗浄機や研磨で取り除く
蒸気で加熱して柔らかくしたリノベライナーをウィンチで引込む
加熱で円形にしたリノベライナーをエアのちからで従来の排水管に密着させ、管内部に新しい層を作る

地面を掘り起こすこともなく、少ない作業時間で強度と耐久性に優れた新しい排水管に生まれ変わりますよ。

排水管更生で排水管の寿命を延ばすのも手


排水管のトラブルを起こさないためには、定期的なメンテンスとともに食べ物くずや油、洗剤かすや髪の毛など、詰まりや排水管の劣化につながるようなものを流さないようにする日頃の心がけが大切です。

ただし、どんなに適切に使っていても老朽化は防ぎきれません。老朽化が進んだ排水管については、排水管更生で寿命を延ばすというのも選択肢の1つにしてみてはいかがでしょうか。

次の記事へ

通話無料! 当社スタッフが丁寧に対応します。まずはお気軽にお問合せください。