マンション管理で悩ましい修繕やリニューアルについて

給水設備の積水工業TOP > コラム > マンション管理で悩ましい修繕やリニューアルについて

マンション管理で悩ましい修繕やリニューアルについて

現在日本には数え切れないほどのマンションが存在し、賃貸物件のものもあれば分譲タイプのものも存在しています。特に都市部においては一戸建住宅に比べて集合住宅の需要が圧倒的に多い傾向にあり、この傾向は今後も続くでしょう。物件は、建築してしばらくの間は問題なく過ごせたとしても、ある程度の期間が経過すると修繕、管理やリニューアル工事の必要性が出てきます。これは安心して暮らし続けるためには必要不可欠な作業であり、怠ることはできません。

築年数が古いマンションの問題


マンションは頑丈に作られていますが、築年数が経過すると様々な問題を抱えることになります。外壁が変色してしまう、塗料がはげる、屋根や屋上などの防水機能が衰える、建具や金物類の寿命が訪れる、共用部分の壁や廊下などに痛みが発生するなど、さらに空調設備や電気設備、給排水設備などに問題が発生します。マンションはそこで生活している人たちの日常生活を支える場所なので、給排水システムや電気システムなどに傷みが発生すると暮らしづらくなりますし、エレベーターやスプリンクラーをはじめとした重要設備に関する問題も生じてきます。
建築後どれ程の年数が経過しているかにより発生する問題は変わってきますが、日常的な使用の妨げになるケースのみならず、安全性を損なうケースもあります。思わぬタイミングで危険が生じるというのは入居者にとって望ましいことではないので、修繕やリニューアル工事は必要に応じて行う必要があるのです。
また、賃貸物件として活用している場合には入居者が退去するたびに新しい入居者を探す必要性が出てきます。その際に築年数が古く、なおかつ適切な管理や修繕工事が行われていない場合にはなかなか入居者が現れません。賃貸ではなく分譲の場合も古いマンションの場合には問題が多数出てきて、私生活に悪影響を及ぼしかねません。

マンション・ビルの大規模修繕の時期目安


マンションやビルのような大規模修繕工事は安全性を確保するうえでも不可欠ですが、使用している素材や活用状況、その他環境条件などによって適切な方法は異なります。同じマンションやビルのような物件だったとしても各部分ごとに時期目安は変わり、数年程度でリニューアル工事が必要になるケースもあれば、それ以上の耐久性を維持しているものもあります。
例えばマンションの共用部分は10年から15年程度で工事を行うケースが一般的で、それに対して屋根部分や屋上、外壁のように気象による影響を受けやすい部分は基本的に5年から10年程度が目安の周期となるでしょう。使用する塗料の種類にも左右されるために一概には言えませんが、外壁や屋根、屋上部分が衰えると建物そのものに悪影響を及ぼすので注意が必要です。特に外壁は入居者だけでなくその他の人たちも目にすることができる部分なのでマンションの価値を高い状態のまま維持するためには定期的な管理が望ましいです。
空調設備や換気設備なども大型建物において重要な意味を持っていますが、5年や10年程度での修繕が望ましく、本格的な改修工事は15年から30年程度に一度行うことが望ましいです。また快適な毎日を送るために欠かせない電気設備や給水、排水設備、衛生に関する設備などは5年から10年程度で修繕を行い、10年から約30年程度に一度改修が必要になります。日本は大規模地震が頻繁に起こることで知られているので、特に工事やリニューアルは欠かすことができません。これらの年数はあくまでも大まかな目安のため、具体的な部位や設備内容によって最適な時期目安が異なります。常に修繕やリニューアルの必要性がないかどうかを把握することこそが、大規模建物の保全に繋がります。

リニューアル工事の重要性


修繕工事管理やリニューアル工事は建物の価値を維持し、住人が暮らしやすいような状況を作るために必要なことです。生活の拠点としてマンションを活用しているわけなので、経年劣化などに伴いリニューアルを行うことは当然です。また時代が進むことによってより高いレベルの素材や機器類が誕生するので、それを取り入れることも大切です。安全性と快適性を実現させるために欠かせないと言って良く、分譲マンションの場合には修繕やリニューアルを見越しているケースが多いです。賃貸物件の場合はオーナーがそれぞれのタイミングに必要とされる金額を捻出することになりますが、それを怠ってしまうと価値が極端に下がりますし安全性を保つことができなくなります。単なる見た目だけではなくて危険性を取り除くためにも工事は重要な意味合いを持っているのです。


マンション管理について考えた場合、一定期間ごとに訪れる修繕工事やリニューアルに関して把握し、適切に施工を行わなくてはなりません。リスクを低くするため、住人が暮らしやすい物件を実現させるためにも、これらの工事の必要性が高いと言われています。建物の部分や使用している素材、地域などによって目安の時期が異なります。

次の記事へ

通話無料! 当社スタッフが丁寧に対応します。まずはお気軽にお問合せください。