採用情報

社員・事業を知る

  • 先輩社員の声
    成長する企業であることに魅力を感じています

    入社3年
    工事部(施工管理)
    Oさん

    積水工業に入社したきっかけ、決め手は?

    設備業界に入ろうと決めて就職活動していたのですが、会社を選ぶ上で重視したのは「これから成長する企業であるかどうか」。伸びしろのある会社の方が仕事の幅が広がり、自分も成長できると思いました。新しいことにチャレンジしていける土壌がある企業であることは私にとって重要でした。そういう意味で、積水工業が、様々な事に挑戦し成長を遂げているというところが一番の決め手でした。面接の時に驚いたのは社長がいきなり登場したこと(笑)。社長自らがプレゼンしたり話をしてくれることで、経営方針や企業理念などの大事な部分が聞けました。社長の話がとても分かり易く、説得力があり、大変印象に残りました。

現在はどんなお仕事をしていますか?

業務内容は施工管理。新築工事を担当しています。仕事の内容は改修工事の施工管理と同じで、お客様と打ち合わせをして、図面を作成し、予算を管理し、業者を決めて、工事現場の監督をする、という流れです。ただ新築は工期が長く、短くて8~9ヶ月、長いと1年を超えることもあります。先を見据えて動かなければいけないのですが、その中で日程や予算を自分で工夫して自由に組み立てることができるのところに面白みがあります。

お仕事でやりがいを感じる部分はどこですか?

新築の場合、更地の状態から見ているので、建物が完成した時の感動は大きいですね! 何もなかったところに、こんな立派な建物が・・・って、愛おしくなっちゃうくらいの喜びがあります。設備の工事は、配管など見た目には隠れてしまう部分もありますが、その中でアイディアを出したり、創意工夫したり、品質を保ちながら自分の個性やこだわりを出せることがたくさんあるので、そういう面もこの仕事の醍醐味ですね。

  • 今後の目標を教えてください。

    資格を取って、やれることを増やしていきたいです。積水工業では管工事施工管理技士や給水装置工事主任技術者などの資格取得のため、若手を中心に月1回程度の勉強会を開いています。また、横浜に自社の訓練施設もあり、実際にやってみないとわからないことを体験しながら学べますし、いつでも経験豊富な先輩たちのアドバイスを受けられる環境があるので、内部の教育・研修制度が充実していると思います。

設備・建設業界を目指す方に向けてメッセージを。

建設業界というと職人さんが頑固だったり、怒号が飛び交い、人間関係が心配という印象を持つ人もいるかもしれませんが、最近は現場の環境も見直されているので実際はそんなことはなく、つらい仕事でも怖い場所でもありません。上下関係がなく、お互いがチームとして協力して質の高い技術を提供しよう、という意識を持っている会社や職人さんもたくさんいます。むしろ色々なことに挑戦できる可能性がある業界だと思います。積水工業は衛生、換気、空調、ガスなど、住宅が機能を保つための設備すべてを手がけているので、しっかり技術を身につけたい人には魅力的な会社だと思います。

一日のスケジュール

08:15 出社・メールチェック
08:45 工事進捗・工程確認及び発注業務など
09:45 図面作成
10:45 打ち合わせ資料作成
12:00 昼食
13:00 現場へ移動
14:00 現場確認(安全管理・品質管理)
15:00 現場打ち合わせ
16:00 帰社(移動)
17:00 打ち合わせ内容をまとめる
18:00 予定確認・翌日の準備
18:15 退社

※担当現場の工期により、残業や休日出勤が生じることもあります。

通話無料! 当社スタッフが丁寧に対応します。まずはお気軽にお問合せください。