社員ブログ

「TOTO和洋リモデル認定施工店」取得致しました。

投稿者:ブログ管理者 / 投稿日:2017/3/27

簡単に言いますと、TOTOが独自開発した和便器から洋便器へのスピード更新工法の認定施工店に当社は指定頂きました。
写真をご覧下さい。

当社では、オリンピック開催までに都内及び都内近郊にある「和便器の根絶」を目指しております。
その一環として、和便器からスピーディーな洋便器への切替が重要と認識し、
独自の技術者と独自の営業スタイルでによるサービスの提供を目指して参りました。
これからは、認定施工店として、価格・品質・工期・顧客サービスいずれも地域No1を獲得する為に、
全社をあげて努力していく所存です。
当社であれば、便器のみならず、空調設備・電気設備等々様々な面で、
建物ホームドクターとしてご要望にお応えできる体制を持っております。
以前のニュース等もお話しました、女性活躍推進を目的とした助成金等もございますので、
是非ご相談下さい。 「和便器撲滅運動」関連ニュースは随時発信していきたいと思います。

いざ、大阪へ

投稿者:ブログ管理者 / 投稿日:2017/3/13

またまた旅ネタです。

今回は海外赴任される事になった古くからのお客様に今生のお別れを申し上げる為と、
世界No.1空調メーカー、ダイキンが誇るテクノロジーイノベーションセンター(略してTIC)見学の為に、久々に大阪を訪れました。
「食」の街、大阪。「笑い」の街、大阪。
今は「国際都市」、大阪ですな。

いるわ、いるわ外国人。
道頓堀周辺では間違いなく、日本人の方が少ない。
お店の呼び込みも、中国語、韓国語、最後に日本語。
自撮り部隊が橋の上で大暴れ。いつか、川に落ちる人も出るな。
中国の方々もわざわざ日本に来て、メイド・イン・チャイナを買い漁る。
面白い風景でした。

1枚目の写真はダイキンの歴史博物館みたいなところの入り口です。

エアコンの部品を壁に貼り付け、何かを表現しようとしています。
何か分かりますか?ネタばらしは致しません。

続いて2枚目の写真は、いったい何でしょう?

ダイキンが塩ビ管を作っていた?
不思議なのはそこではありません。
何故、塩ビ管の宣伝の為に胸を強調した女性が必要なのか?
意味分からん。さすが大阪魂。

3枚目写真は真面目な話。

業界初のパッケージエアコン3号機。
本物ですよ。レプリカじゃありません。
動いたらもっとよかったな。

4枚目の写真は、昔事務所でよく見かけた床置型エアコン。

色々なエアコンを見る事ができましたし、私的には非常に満足した見学でした。
一番ビックリしたのは同行頂いたダイキンが誇る宴会部長の知識の豊富さです。
人は普段人に見せない部分を持っているのだなあと感心、感心。
20年以上前のエアコンの機器類の型番をあんちょこを見ずに、ズバズバと。
これからはエアコン博士と呼ばせていただきます。

エアコンの歴史だけでなく、様々な不思議体験をする事ができました。
エアコン博士が何回もおっしゃっていたのは、 当初計画よりも、数十億単位で工事費がupした事。
そのお金があればな?とボヤいていました。
皆さんも是非一度と言いたいところですが、
なにぶん世界最高峰の技術者集団を集めているので、(ノーベル賞受賞者もいるかと)
情報漏洩が問題になるので、一般の方はちとむずいかも。

最後に、全く関係ない写真ですが、新幹線内で見た広告です。

ユニゾはビジネスホテルですが、なんか違和感感じませんか?
宿泊特化型?宿泊しないホテルってあるのかな?
レジャーホテルじゃないよとでも言いたいのか?
部屋に ベットしかないのか?
一度泊まってみないと分かりませんね。

あと1つ。
大阪ということもあり、朝からずっと、森友学園の理事長ばっかり独占状態でした。
籠池理事長の顔を見ると、ヒューザーの小嶋社長を思い出すのは私だけでしょうか?
副理事長の奥様を見ると、あの有名なビジネスホテルの女社長を思い出すのは私だけでしょうか。

本社に災害用備蓄倉庫ができました

投稿者:ブログ管理者 / 投稿日:2017/3/10

日本中の人が震えた東日本大震災から丸6年が経ちます。
あの時、感じた恐れや思いは決して忘れてはいけないものだと思います。

震災以降、積水工業でも様々な防災対策を行ってきました。
本社と各支店に買い揃えた災害用備蓄品もそのひとつです。

今回、その対策をより確固としたものにするため、本社に災害用備蓄倉庫を作りました。
今まで不用品置き場のような状態となっていた階段下を玄関美化の一環として思い切って整理!
パーテーションと扉を設置し、すっかり様変わりしました。


白い扉にグリーンが映えます 。

非常食や水、災害用備蓄セットも分かりやすく、簡単に取り出せるようになりました。
決して起きて欲しくはない災害ですが、もしもの時の供えがきちんとできていれば安心して働くことができます。

N山さんが、きれいに分かりやすく整理してくれました。

ダイキンつくば訪問記

投稿者:ブログ管理者 / 投稿日:2017/3/9

2月25日 ダイキン工業㈱のつくば研修所に行ってきました。

ダイキン空調技術訓練校の卒業生が集まり、懇親会を開いたのです。
写真に写っている3人は積水工業が誇るサービス部のメンバーで訓練校の卒業生でもあります。

この技術訓練校は1991年に開校した、空調機器の設置工事・メンテナンスを行う技術者を養成する学校です。
空調機器メーカー最大手のダイキンがバブル崩壊のその時に、つくったのです。
バブル崩壊後の世界で、技術者の養成が最重要課題になると考えたのでしょう。
非常に正しい経営判断だったと思います。
積水工業においても、技術者の採用、養成、教育は今後の建設業を生き抜く鍵としてもっとも力を入れているところです。
毎年、現役バリバリの数名の技術者を2~3ヶ月の長期研修に参加させています。
本年も現在、つくばに1名、大阪で1名の技術者が研修に参加しています。

「中目黒ふたご」という名物焼き肉屋で、研修に参加している○元君がなぜか一緒にビールを飲んでいました。

来年は、仙台支店の○君に参加してもらいましょう。

ところで、1991年がどんな年だったのでしょうか?何が起こったのか?
ちょっと挙げてみましょう。
1.湾岸戦争(一回目)
2.バブルの崩壊
3.ジュリアナ東京オープン
4.千代の富士引退
5.都庁移転
6.NTTムーバ
7.東京ラブストーリー
8.雲仙普賢岳火砕流発生
9.渋カジ流行
10.ソ連崩壊

色々ありましたね。
印象に残る出来事ばかりでした。
今年も早三ヶ月が過ぎようとしています。

今年の出来事はなんでしょうかね。
1.金正男 殺害事件が一番になるでしょうか?
2.トランプ景気拡大でしょうか?
3.フランス大統領選の結果も非常に気になりますね。
4.アッキーナ事件でしょうか。
5.豊洲市場問題。これは非常に気になります。
6.WBC日本優勝。といきたいですね。
7.ピコ太郎。今年中には消えるでしょう。
8.日本、ワールドカップサッカー出場決定。希望的観測。
9.都議会議員選挙、小池旋風。
10.株価2万5千円超え。かなり希望的な観測。

予測してみるのも楽しいですね。

通話無料! 当社スタッフが丁寧に対応します。まずはお気軽にお問合せください。